ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅の一戸建てをを現金購入する際の注意点

中古住宅の一戸建てをを現金購入する際の注意点

≪ 前へ|内覧へ行く方に紹介!一戸建てを見る際のチェックポイント   記事一覧   安く土地を購入したい!値引き交渉について解説|次へ ≫

中古住宅の一戸建てをを現金購入する際の注意点

家と計算機


一戸建ての中古住宅を現金で購入したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
一般的に不動産はローンを組んで購入する方が多いです。
しかし、手元に一括で払えるだけの現金があるならば、現金購入をしたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、中古住宅の現金購入について紹介します。


□中古住宅を現金で購入する際のメリット

中古住宅を一括で購入するメリットは、ローン金利や手数料が不要という点です。
現金で支払ってしまえば、ローンを組む際に発生するローンの金利や手数料は全く発生しません。
不動産を購入する際のローンは、他のローンと比べ、かなり低い金利です。
しかし額が大きいため、総額で見た時にかなりの金額になってしまいます。

また、保証会社への保険料や、団体信用生命保険も不要です。
保障会社とはローンの返済が滞った際に、代わりにローンを払ってもらうために契約します。
そのため、ローンを組まなければ保証会社への登録は不要です。

また、団信生命保険とは、ローンが払えないほどの病気や障害になったり、不幸にも無くなってしまった場合にローンの保証をしてくれる保険です。
こちらもローンを組まなければ加入する必要がありません。


□中古住宅を現金で購入する際の注意点

一見メリットばかりに見える住宅の現金購入ですが、注意しておくべきポイントがあります。
どのような点に注意する必要があるのかを、以下で確認しておきましょう。

まずは、住宅ローン減税が受けられない点です。
住宅を購入する際には住宅ローンを購入する場合が多いですが、その場合には、住宅ローン減税として1%の税金控除があります。
場合によっては減税を受けた方が現金購入よりもお得に済む可能性があるため、注意しましょう。

また、手持ちの資金が少なくなる点にも注意しましょう。
住宅を購入した後にも資金に余裕がある方は問題ありません。
しかし、資金ギリギリで中古住宅を購入しようとしている方は注意が必要です。
これからの生活や、いざという時にある程度の現金は用意しておく必要があります。
安心して生活ができる程度の現金は確保しておきましょう。


□まとめ

現金購入にはさまざまなメリットがありました。
資金に余裕がある場合は現金購入の方がメリットが大きい場合があります。
しかし、注意が必要な点も多いです。
注意点を知らずに現金購入をすると損してしまう場合もあります。
本当に現金購入でメリットがあるのかどうかを確認してから中古住宅を購入しましょう。
≪ 前へ|内覧へ行く方に紹介!一戸建てを見る際のチェックポイント   記事一覧   安く土地を購入したい!値引き交渉について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る