ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 安く土地を購入したい!値引き交渉について解説

安く土地を購入したい!値引き交渉について解説

≪ 前へ|中古住宅の一戸建てをを現金購入する際の注意点   記事一覧   土地購入の落とし穴!水道管に注意しましょう|次へ ≫

安く土地を購入したい!値引き交渉について解説

おねがい


理想の土地が見つかったから購入したいけれど、予算より少し高いから値下げの交渉がしたいという方はいらっしゃいませんか。
どんなにいい土地でも、予算が足りなければ諦める必要がある場合があります。
しかし、もし値下げがあれば、購入できるかもしれません。
値下げ交渉は本当にできるのかを解説します。


□土地の値下げ交渉について

土地を購入する際には、価格があらかじめ決定されています。
それは、土地の売主の決めた販売価格です。
売主は、そこで提示した以上の金額で土地を売りたいと考えています。
そのため、値下げ交渉は難しいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
しかし、交渉によっては値下げも可能です。

もちろん提示されている価格や相場を大きく下回るような値下げは難しいです。
しかし、相手の納得する程度の値下げであれば希望はあります。
一体値下げ交渉とは誰に向けて行うのでしょうか。

土地値下げ交渉をする場合、多くは売主ではなく仲介している不動産会社に対して交渉を行います。
不動産会社を仲介せずに土地を売り出している場合、不動産会社ではなく、地主と直接交渉を行います。
値引き交渉はどんな時でも成功するわけではありません。
例えば、他に満額購入を希望した人が現れた場合、値引き交渉は難しいです。
また、そもそも値引きは受け入れないと決めている場合もあります。


□値引き交渉が成功しやすい土地

土地の購入の際に、値引き交渉は可能でした。
しかし、どの場合にも成功するわけではありませんでした。
どのような時に値引き交渉は成功するのでしょうか。
値引き交渉が成功しやすい土地には、見極めのポイントがあります。
ここでは2つのポイントについて紹介します。

まずは、販売開始から半年以上経っている土地です。
土地の販売期間はさまざまですが、半年以上売れ残っている土地は比較的値引き交渉がしやすいでしょう。
なぜなら、半年売れていない土地に対して、不動産会社は広告費をかけたくないと考えるからです。
広告の減っている土地は、売れにくくなります。
売れにくい土地は、早く売りたいと考え、値引き交渉に応じてくれる可能性が高いでしょう。

また、分譲地の売れ残りも狙い目です。
分譲地は、全部売れなくても、一部が売れてしまえば十分な利益が見込めます。
そのため、売れ残っている土地に関しては、値下げしても問題がない場合がほとんどです。


□まとめ

土地を購入する際には値下げ交渉が可能でした。
しかし、どのような場合でも成功するわけではありません。
値下げを前提とした土地探しは危険なため注意しましょう。
≪ 前へ|中古住宅の一戸建てをを現金購入する際の注意点   記事一覧   土地購入の落とし穴!水道管に注意しましょう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る