ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地購入の落とし穴!水道管に注意しましょう

土地購入の落とし穴!水道管に注意しましょう

≪ 前へ|安く土地を購入したい!値引き交渉について解説   記事一覧   土地購入の登記は自分でできる?土地の登記について紹介します|次へ ≫

土地購入の落とし穴!水道管に注意しましょう

水害


土地を購入する際には、水道管に気をつける必要があることはご存知でしょうか。
土地を購入する際にはさまざまなことに注意しなければいけません。
しかし、水道管に注意する必要があるとはどういう意味でしょうか。
全く想像のつかない方もいらっしゃるかもしれません。
水道管についての注意点を紹介します。


□住宅に必要な配管があるかどうか

住宅には、水道やガスなどのインフラが欠かせません。
これらのインフラは、何もしなくても突然家の中に現れるというわけではありません。
水道管やガス管は、土地の中に配管が引き込まれている必要があります。
土地選びをする際には、水道管やガス管が敷地の中に引き込まれているかを確認しましょう。

「水道管やガス管がない土地なんてあるのか」とお考えの方もいらっしゃいます。
しかし、元が水田であったり、オール電化の家が建っていた場合には、水道管やガス管が引かれていないということもあり得ます。
もし、これらの配管がない場合には、引き込むための工事が必要です。
配管を引き込むためには、土地の買主の負担で工事をする必要があります。
どのくらい費用がかかるのでしょうか。


□水道管を引きこむための工事費

水道がないと生活ができません。
そのため水道管のない土地には必ず水道管を引き込まなくてはいけません。
水道管を引くための費用は、場合によって異なります。
しかし、大体の相場では35~55万円ほどとされています。
予想よりも高いと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

それに比べて、ガスの引き込み工事は少し安価です。
相場でだいたい10~20万円程度です。
これらの費用はあくまで相場です。
必ずこの費用で直るとも限りません。
なぜなら、配管の工事は道路から敷地内への経路や距離により変わるからです。

水道管とガス管の両方を引き込むとなるとかなりの価格になってしまいます。
イメージとしては、土地代にこの費用が加算されてしまいます。
土地で何を優先しようと考えているかにもよりますが、もし予算を優先するのであれば、配管の引かれていない土地は再考する必要があるかもしれません。
逆に、予算が優先事項でなく、その他の条件にあっているのであれば、迷わず購入しましょう。


□まとめ

住宅を建てる土地には、配管は必須です。
しかし、時には配管のない土地もあります。
その場合、追加費用をかけて引き直す必要があります。
配管を引き込んでまでも購入したい土地であると感じたら、購入しましょう。
≪ 前へ|安く土地を購入したい!値引き交渉について解説   記事一覧   土地購入の登記は自分でできる?土地の登記について紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る