ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 解体費って何?土地購入の際の費用を紹介します

解体費って何?土地購入の際の費用を紹介します

≪ 前へ|どのくらいの広さのどのくらいの広さの土地を購入すればいいのか解説します土地を購入すればいい?解説します   記事一覧   土地を購入する際の費用はどのくらい?仲介手数料について解説します|次へ ≫

解体費って何?土地購入の際の費用を紹介します

解体


住宅を建てるために土地を探しているけれど、理想の土地に建物が建っていて困っているという方はいらっしゃいませんか。
土地は限りあるため、理想の土地にすでに建物が建っている場合は多いです。
建物が建っている土地には、新しく住宅は建てられないのでしょうか。
建物付きの土地について紹介します。


□建物付きの土地を購入する際に注意しておくべき点

理想の立地や広さの土地が、建物付きである場合があります。
建物付きの土地を購入した場合、新築住宅を建てられるのでしょうか。
建物付きの場合、解体してからであれば新築住宅を建てられます。
この際に、注意しておくべき点があります。

もちろんですが、解体には費用がかかりますよね。
建物の解体は、専門の解体業者や、住宅を建ててもらう予定の業者に依頼します。
建物付きの住宅の場合、建物だけでなく、駐車場や庭木等にも撤去費用がかかります。
解体費用は場合によって異なりますが、坪単価で4万円程度です。

また、建物付きの土地は、更地と異なり安価で売られています。
そのため、他の土地と比べて安く感じてしまいますが、解体費用まで含めて考えましょう。
また、建物が昔のものである場合、土地の境界線が曖昧なことがあります。
しっかりと境界線を把握しておきましょう。


□解体費用の相場はどのくらいなのか

建物を解体するには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
建物の解体費用は、その建物がどのような構造かによって異なります。
そのため、上記で紹介した坪単価4万円程度は基準でしかありません。
構造による解体費用はどのくらいでしょうか。

坪単価4万円程度というのは、木造建築における相場です。
その他の構造の住宅であれば、もう少し価格が高くなってしまうでしょう。
例えば、鉄筋コンクリートであれば、7万円程度かかります。

一般的な一戸建ての広さは30坪程度です。
これを坪4万円で計算した場合、120万円になります。
つまり、一般的な建物の解体費用は120万円程度になるでしょう。
しかし、解体費用は相場通りにいかないことがあります。
例えば、地中障害物が出てきた場合です。
この場合、初めの見積もりとは別に費用をかけて撤去する必要があります。

□まとめ

建物がついた土地を購入した場合でも、新築の建築は可能でした。
しかし、建物付きの土地を購入した場合、土地代以外にも撤去費用がかかります。
そのため、場合によっては割高になってしまう場合もあります。
また、地中障害物が出てくるなどのイレギュラーもあるため、注意が必要です。
≪ 前へ|どのくらいの広さのどのくらいの広さの土地を購入すればいいのか解説します土地を購入すればいい?解説します   記事一覧   土地を購入する際の費用はどのくらい?仲介手数料について解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る