ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地を購入する際の費用はどのくらい?仲介手数料について解説します

土地を購入する際の費用はどのくらい?仲介手数料について解説します

≪ 前へ|解体費って何?土地購入の際の費用を紹介します   記事一覧   土地購入の注意点!土壌汚染について紹介します|次へ ≫

土地を購入する際の費用はどのくらい?仲介手数料について解説します

イチバン


土地を購入する際の、どのくらい費用がかかるかがわからなくてお困りの方はいらっしゃいませんか。
住宅を購入する際に、忘れてはいけないのが、それを建てるための土地です。
しかし、土地の費用について詳しくわかっているという方は少ないです。
土地の費用について、住宅を購入する前に確認しておきましょう。


□土地を購入する際の費用

土地を購入する際の費用は、土地代だけだとお考えの方は多いです。
しかし、土地代以外にもさまざまな費用がかかります。
どのような費用がかかるのでしょうか。
土地にかかる費用には、仲介手数料、登記費用、測量費、表示登記費用、ローン手数料や印紙代があります。
まずは、仲介手数料以外について確認しておきましょう。

不動産を購入する際には、土地の所有者を示すために、登記をしなければいけません。
その際に、2つの費用がかかります。
まずは、登記そのものにかかる費用です。

登記には、登録免許税がかかりますが、このほかにも費用がかかります。
登記は一般的には自分ではなく、司法書士に依頼します。
その際の依頼費用もかかります。

土地を購入する際には、境界を明確にするために測量をする必要があります。
そのためにも費用がかかります。
また、土地を購入する際に、ローンを組むのであれば、ローンの手数料や、その書類に使用する印紙代もかかるでしょう。
これらの費用は雑多ですが、合わせると大きな金額になります。
必ず把握しておきましょう。


□仲介手数料の計算方法

土地を購入する際には、仲介手数料がかかります。
仲介手数料には決まった額はありません。
そのため、手数料の額はさまざまです。
しかし、法律でその上限が決められています。
では、上限はどのくらいなのでしょうか。

土地を購入する際の上限は、土地の価格によって異なります。
200万円以下の金額であれば取引額の5%以内、200万円を超え400万円以下の金額であれば取引額の4%以内、400万円を超える金額の場合取引額の3%以内が上限です。
基本的に、この上限程度の仲介手数料が発生します。
しかし、不動産会社によって金額は異なるため、必ず確認しておきましょう。


□まとめ

土地を購入する際の費用にはさまざまな種類がありました。
金額の大きいものから小さいものまであります。
数が多いため、契約を進めていくうちについ見落としてしまうこともあります。
見落としがあると、思わぬ出費になってしまいます。
必ず、土地を購入する前に全ての費用を把握しておきましょう。
≪ 前へ|解体費って何?土地購入の際の費用を紹介します   記事一覧   土地購入の注意点!土壌汚染について紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る