ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地購入の注意点!土壌汚染について紹介します

土地購入の注意点!土壌汚染について紹介します

≪ 前へ|土地を購入する際の費用はどのくらい?仲介手数料について解説します   記事一覧   土地購入はどうするの?段取りについて紹介します|次へ ≫

土地購入の注意点!土壌汚染について紹介します

PM2.5


土地を購入しようとお考えの方で、土壌汚染について気になっている方はいらっしゃいませんか。
土地は住宅を建てるために重要なものです。
そのため、慎重に選びたいですよね。
土地にはさまざまな理由での土壌汚染がありえます。
住宅を建てる土地が汚染されていては困ります。
そこで今回は、土壌汚染について解説します。


□土地の土壌汚染調査は大切

そもそも土地を購入する際に土壌汚染調査は行う必要があるのでしょうか。
「土壌汚染はなかなかないものだから調査しなくてもいい」と思う方はいらっしゃいます。
また、汚染していることがわかっていない程度の汚染であれば問題ないとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、土壌汚染調査は大切です。

土壌汚染調査を行わずに土地を購入した場合、どう言った不具合が起こるのでしょうか。
いくつかの不具合を確認しておきましょう。
もちろん、土壌汚染された土地を知らずに買ってしまう可能性があります。
その発覚の時期が建設中であれば、建物を取り壊す必要性が出てくるかもしれません。
また、建物を立てた後に土壌汚染の可能性がわかる場合もあります。
こう言った場合には、建物が建ったあとなので、土壌汚染調査ができません。
そのため、危険がある土地で生活する必要があります。


□土壌汚染された土地の調査以外での調べ方

土壌汚染があるかどうかは、現地での調査で調べます。
しかし、それ以外にも調べる方法はないのでしょうか。
実際にいま汚染があるかどうかはわかりませんが、過去に土壌汚染があったかどうかを調べる方法があります。
どのような方法でしょうか。

過去に工場用地であったり、土壌汚染のあった土地に関しては、登記所で調べられます。
登記所は、全国の法務局や地方法務局などにおかれています。
不動産登記を見れば、土地が過去に土壌汚染された土地でないかどうかについて調べられます。

もちろんこの登記が現在の土地の汚染度合いを示しているわけではありません。
では、何のためにこの登記を確認するのでしょうか。
この登記の情報は、土地選びの基準には使えます。
気になった土地全てに土壌汚染調査を行なっていくのは大変です。
調査と一緒に用いて、安全な土地選びに有効活用しましょう。


□まとめ

土壌汚染は住宅を建てる際に気になるポイントです。
恐ろしいと思ってつい目を背けてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、恐ろしいからこそ対処が大切です。
正しい知識を身につけて、土壌汚染と向き合いましょう。
≪ 前へ|土地を購入する際の費用はどのくらい?仲介手数料について解説します   記事一覧   土地購入はどうするの?段取りについて紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る