ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地購入の際に融資は受けれる?土地購入のための融資について解説

土地購入の際に融資は受けれる?土地購入のための融資について解説

≪ 前へ|土地が決められない方へ!購入の際の優先順位を紹介   記事一覧   土地の購入をお考えの方必見!税金について解説|次へ ≫

土地購入の際に融資は受けれる?土地購入のための融資について解説

家と通帳


建てたい住宅は決まっていないけれど、土地が先に決まってしまったという方はいらっしゃいませんか。
しかし、多くの場合土地と住宅はセットでローンを組みます。
土地の購入だけでローンは組めるのかを確認しておきましょう。


□土地だけの購入でローンは組めるのか

通常では土地を購入してから、そこに住宅を建てるため、通常の場合でも土地を先に購入します。
つまり、土地を購入する場合でも、ローンは組めます。
しかし、実はこれは厳密にいうと土地の購入のためにローンを組んでいるわけではありません。
それはどういうことなのでしょうか。

住宅ローンはあくまで住宅を建てる際に組むローンです。
そのため、土地だけの購入には住宅ローンが使えません。
しかし、土地だけの購入の場合は、住宅のための購入にはなりません。
そのため、土地だけの購入には住宅ローンが使えません。

しかし、住宅ローン以外にもローンはあります。
土地を購入する場合は、それに合ったローンを組みます。
住宅を建てる計画が立てば、その後にローンを1本化して、住宅ローン控除も受けられます。
では、どのような選択肢があるのでしょうか。
今回は2つの選択肢について紹介します。


□土地購入のための2つの種類の融資

土地購入の際のローンには主に2つの種類があります。
それぞれ土地先行融資とつなぎ融資です。
これらはどのようなローンなのかを、以下でそれぞれ確認しておきましょう。

*土地先行融資

土地先行融資は、住宅を建てるためのローンのうち、土地代のみを先に振り込んでもらう制度です。
このローンは住宅ローンと同じく低金利で借りられます。
しかし、融資している銀行が少ないというデメリットがあります。

*つなぎ融資

次に確認するローンは、つなぎ融資です。
つなぎ融資は、住宅が完成するまでの間に一時的に融資を受けられるローンです。
住宅の建設中には融資の利息のみを支払います。
このローンのメリットやデメリットを確認しましょう。
こちらのローンは利息が高いというデメリットがあります。
その分融資が受けやすいというメリットがあります。


□まとめ

住宅を建てる際には順序が大切ですが、時には土地が先に見つかってしまう場合もあります。
その時に住宅の計画が立っていなかったとしても、安心してください。
土地だけを購入しようとした際には土地先行融資やつなぎ融資という方法があります。
これらのローンを使っても、住宅ローン控除は受けられます。
≪ 前へ|土地が決められない方へ!購入の際の優先順位を紹介   記事一覧   土地の購入をお考えの方必見!税金について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る