ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地の購入をお考えの方必見!税金について解説

土地の購入をお考えの方必見!税金について解説

≪ 前へ|土地購入の際に融資は受けれる?土地購入のための融資について解説   記事一覧   土地の疑問を解消!土地や不動産の時効取得とは何かを紹介します|次へ ≫

土地の購入をお考えの方必見!税金について解説

悩める人


不動産を購入をお考えの方で、不動産の税金について知りたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産には税金がかるということをご存知の方は多いです。
しかし、どのような税金がかかるのかを全て把握できている方は少ないでしょう。
確認しておかないと思わぬところで損をするかもしれないので、解説していきます。


□不動産にかかる4つの税金

不動産にはさまざまな税金がかかります。
ここでは4つの税金について紹介します。
それぞれ、消費税、印紙税、登録免許税、不動産取得税です。
以下で、確認しておきましょう。

まずは消費税です。
いつも買い物の際に支払っているため、馴染みの深い税金ですよね。
消費税は、不動産を購入する際にも発生します。
また、不動産会社に仲介を依頼して不動産を購入する場合に発生する仲介手数料にも消費税がかかります。
消費税はさまざまなものにかかると考えておきましょう。

印紙税は、契約書や領収書を発行する際にかかります。
これは文書を作成した人に課税されます。
また、不動産を購入する際には登録免許税もかかることをご存知でしたでしょうか。
土地や建物を登記する際にかかる税金が登録免許税です。

また、家を新築・増築・改築した場合や、土地や住宅を購入で取得した場合にかかる税金として不動産取得税があります。
不動産取得税については、次で詳しく解説します。


□不動産取得税について

不動産取得税は、土地や建物の購入の際に課税される税金です。
不動産取得税は、各都道府県に申告、納税を行います。
不動産は無償で譲り受けることもあります。
しかし、有償・無償に関わらず課税されるため注意しましょう。

不動産取得税には課税される金額に基準があります。
その基準とは以下の3つです。
・価格が10万円未満の土地を取得した場合
・家屋の新築、増改築にかかった金額が23万円未満の場合、
・売買、贈与などにより取得した家屋の価格が12万円未満の場合
これらの場合には不動産取得税は課税されません。

不動産取得税は、課税標準額に税率をかけて計算されます。
課税標準額とは不動産の価格のことです。
そのため、不動産の価格に応じて税額は高くなります。


□まとめ

不動産を購入する際の税金について確認しました。
不動産を購入する際にはさまざまな税金がかかります。
不動産自体の取引価格が高いため、税金も高いです。
前もって把握しておかないと、予想外の出費になってしまいます。
想定していなかったがために、資金不足に陥らないよう気を付けましょう。
≪ 前へ|土地購入の際に融資は受けれる?土地購入のための融資について解説   記事一覧   土地の疑問を解消!土地や不動産の時効取得とは何かを紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る