ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地の疑問を解消!土地や不動産の時効取得とは何かを紹介します

土地の疑問を解消!土地や不動産の時効取得とは何かを紹介します

≪ 前へ|土地の購入をお考えの方必見!税金について解説   記事一覧   防音のマンションに住みたい方へ!防音のマンションを購入するには?|次へ ≫

土地の疑問を解消!土地や不動産の時効取得とは何かを紹介します

家とおじさん


土地の時効取得について知りたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
一般的に土地は購入か譲渡で入手するため、時効取得については知らないという方も多いです。
時効取得は、新たに土地を入手するというイメージでではありませんが、土地を取得する一つの方法なので、詳しく確認しておきましょう。


□不動産の時効取得

これは、どのような取得方法なのでしょうか。
以下で、簡単に説明します。
不動産の持ち主ではない人が、長期間にわたり不動産を占有していた場合、その所有権を取得する制度です。
このような制度は一般期にはあまり知られていません。
なぜなら、賃貸に長期間住むだけでは取得できないからです。

では、どのような場合に成立するのでしょうか。
もちろん条件があるのですが、どのような条件があるのでしょうか。
時効取得のための条件はさまざまですが、例えば占有、意思などがあります。
なんとなく曖昧な言葉に感じます、それぞれ確認しておきましょう。


□土地や不動産の時効取得の条件

まずは占有ですが、不動産の取得を目指すものは、不動産の占有をし続けていることを証明する必要があります。
占有の期間は条件により異なりますが、10年か20年です。
しかし、占有とはどのように証明するのでしょうか。
10年間の占有を証明するには、占有し始めた頃の立証と、そこから10年たった頃を立証する必要があります。
立証の具体的な方法には、10年前に土地上に自分の建物が建っていたことの証拠を提示することが挙げられます。
証拠には、写真や第三者の陳述書があります。
効果的な方法を考えましょう。

意思とは、占有の意思があるかどうかが考慮されます。
これは、どのようなものなのでしょうか。
占有の意思があるかどうかは、占有するまでの原因や経緯が重要です。
そのため、占有していると主張するだけでは立証できません。
原因や経緯が客観的な目線で判断されます。

またこのほかに、平穏かつ公然と占有するという条件もあります。
こちらの条件は、占有するものが主張するわけではなく、客観的に判断されます。
これは脅しや暴力、隠し事がないことを指します。


□まとめ

不動産の取得方法には、時効取得という方法がありました。
時効取得は、普通の取得方法と異なり、時間がかかる方法です。
また、複雑な条件がある方法です。
そのため、住宅を建てたいから土地が欲しいという場合には向きません。
しかし、もし時効取得できそうな不動産があるのなら、権利を主張してみてはいかがでしょうか。
≪ 前へ|土地の購入をお考えの方必見!税金について解説   記事一覧   防音のマンションに住みたい方へ!防音のマンションを購入するには?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る