ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 防音のマンションに住みたい方へ!防音のマンションを購入するには?

防音のマンションに住みたい方へ!防音のマンションを購入するには?

≪ 前へ|土地の疑問を解消!土地や不動産の時効取得とは何かを紹介します   記事一覧   家賃補助があってもマンションは購入すべきかについて解説|次へ ≫

防音のマンションに住みたい方へ!防音のマンションを購入するには?

マンション購入の際に、防音設備が整っているかを条件に入れて探している方はいらっしゃいますか。
自分の仕事や趣味のためや子供の習い事のために、部屋の中にピアノを置きたいという方もいらっしゃいますよね。
そんな方のために、防音設備付きのマンションについて解説します。

□防音設備付きのマンションを探すことについて

防音設備付きのマンションは少ないです。
そのため、売り出しの際に大きくアピールされていることが多いでしょう。
しかし、防音にもさまざまな基準があります。
例えば、マンションの特徴に音楽専用や防音と書かれている場合には、24時間演奏が可能です。

一方で、楽器応相談と書かれている物件には注意が必要です。
この物件の場合、防音設備自体に期待できないことが多いでしょう。
近隣の住人次第で、楽器の演奏が可能かもしれません。
しかし、近所トラブルやクレームの原因になる可能性もあるため注意が必要です。

また、軽い防音や遮音設備が施されているマンションもあります。
この場合も完全な防音には期待できないことが多いため、夜の演奏は控えるなどの配慮が必要でしょう。
運が良ければ、前の住居者が防音設備のある部屋にリフォームしていたという物件に出会うこともあるでしょう。

□防音マンションへリノベーションする

中古マンションをお探しの場合であれば、リノベーションで防音の部屋を作れます。
一室をスタジオに作り替えるイメージで防音をします。
防音へのリノベーションでは、床や壁を防音仕様に工事できます。
詳しく確認しておきましょう。

壁の防音工事では、壁に吸音材と遮音シートを入れます。
工事費は18万円~25万円程度です。

また、床の防音対策を行う場合2つの方法があるため、両方を確認しておきましょう。
床の防音リノベーションは、防音性の高い床材に張り替える方法と、床の下に遮音・吸音性のある素材を敷く方法があります。
張り替えは25万円~30万円程度で、遮音吸音性のある素材を敷く場合30万円~85万円ほどの費用がかかります。

また、窓がある部屋の場合、窓においても防音対策を行う必要があるでしょう。
窓の防音方法も2種類で、窓ガラスを防音仕様のものに取り替える方法と、現在の窓に内窓を取り付ける方法があります。
窓の取り替えは5万円~13万円で、内窓は7万~15万円程度かかります。
マンションの場合、窓は共用部分にあたるため、管理会社への相談をしましょう。

□まとめ

防音のマンションに住むのはハードルが高いです。
しかし、妥協すれば後悔することに繋がるでしょう。
自分に合った方法で防音を実現しましょう。
≪ 前へ|土地の疑問を解消!土地や不動産の時効取得とは何かを紹介します   記事一覧   家賃補助があってもマンションは購入すべきかについて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る