ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 家賃補助があってもマンションは購入すべきかについて解説

家賃補助があってもマンションは購入すべきかについて解説

≪ 前へ|防音のマンションに住みたい方へ!防音のマンションを購入するには?   記事一覧   マンションを購入したい!クリーニングは誰がするの?|次へ ≫

家賃補助があってもマンションは購入すべきかについて解説

現在家賃補助を受けている方で、マンションの購入を考えている方はいらっしゃいませんか。
家賃補助は、賃貸の家賃の一部を、会社や自治体から補助してもらえる制度です。
一般的に持ち家に住む場合は家賃補助が適用されません。
家賃補助があっても、マンションは購入した方がお得なのかについて解説します。

□家賃補助のある賃貸か家賃補助のない持ち家

家賃補助を受けている場合、家賃補助を利用して安く賃貸に住み続けたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、その方法が最善であるかを考えることは大切です。
賃貸と持ち家を比較して確認してみましょう。

賃貸と持ち家にはそれぞれのメリットがあります。

賃貸は家賃補助を受けている場合、一般的にマンションなどの持ち家のローンを返済するよりは月々の負担が軽くなるという点がメリットとして挙げられます。
また、家に縛られないため、生活の変化に合わせて引っ越しするなどの柔軟な対応が取れる点もメリットの一つです。

持ち家のメリットとして挙げられるのは、自分の家という安心感や満足感が得られることでしょう。
この感覚は賃貸では得難いものです。
また、好みに合わせて自由にリフォームができます。
賃貸のように退去時には入居時と同じ状態にする必要がないため、自由に生活ができます。

□家賃補助があっても持ち家がおすすめ

マンションなどを購入して持ち家に住もうと考えた場合、可能であれば早めに購入しましょう。
マンションを購入するにはローンを組む方が多いですが、高齢になるとローン返済期間が短くなったり、そもそもローンが組めなくなったりします。
現金で購入する予定であれば問題ありませんが、その場合は家賃補助を受けながら大きな貯金をする必要があるでしょう。

また、住宅ローンを組む場合には、住宅ローン控除が適用される場合もあります。
家賃補助で全額が支給される場合は別ですが、持ち家に住むことを決めている場合、若いうちにローンを組むことをおすすめします。
また、住宅ローンには団体信用生命保険があります。
そのため、万が一働けなくなった場合にも家族を守れます。

□まとめ

家賃補助を受けていると、いつまでも賃貸の方がお得だと考えてしまいがちです。
しかし、マンションを購入して、持ち家に住むことにもメリットがあります。
ご紹介したメリットを考慮に入れて、マンションの購入について、一度検討してみてはいかがでしょうか。
≪ 前へ|防音のマンションに住みたい方へ!防音のマンションを購入するには?   記事一覧   マンションを購入したい!クリーニングは誰がするの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る