ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > マンションの購入を検討中の方へ!火災保険の加入って義務なの?

マンションの購入を検討中の方へ!火災保険の加入って義務なの?

≪ 前へ|マンション購入で気を付けておくべき罠について解説します   記事一覧   マンション購入でお悩みの方へ!マンション購入の決め手とは?|次へ ≫

マンションの購入を検討中の方へ!火災保険の加入って義務なの?

マンションに火災保険は必要なのか知りたいという方はいらっしゃいませんか。
人間や住宅には多くの保険がかけられています。
多くの保険の中の一つに火災保険がありますが、火事なんて起こらないから保険には入りたくないとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、マンションの火災保険について紹介します。

□火災保険に入る必要はあるのか

結論から言うと、火災保険への加入は義務ではありません。
火災保険への加入は任意なため、自由に決められます。
しかし、さまざまなリスクに備えるためにも火災保険への加入をおすすめします。

火災で恐ろしいのが延焼です。
他の部屋が火元となり、火災が起きた場合、自分の部屋にまで火が燃え移ってくるかもしれません。
その場合、火元の家庭に損害賠償請求ができません。
その理由は、日本には失火責任法という法律があり、火元に重大な過失がなければ損害賠償請求ができないという決まりがあるからです。

自分の部屋で出火することは注意することで避けられますが、隣の部屋のことまでは管理できないですよね。
延焼のリスクにも備えて、火災保険に加入しておきましょう。

マンションの火災保険は、共有部分は管理会社が、占有部分は自分で加入します。
占有部分の基準は、火災保険では壁の内側を基準とする上塗基準によって面積を算出します。

□火災保険料の相場

火災保険に加入するのであれば、気になるのはその費用でしょう。
相場でどのくらいの費用がかかるのかを知っておけば安心して計算ができます。

しかし、火災保険の相場はありません。
その理由は、償内容や立地、建物の評価額などのさまざまな要素で保険料が変わってしまうからです。
また、保険会社によって保険料は大きく異なります。
そのため、火災保険の相場は明示できません。

火災保険の費用は、さまざまな項目を判断して決められます。
構造、床面積、建築年月、建築金額、保証範囲などが火災保険に加入する際に確認されるでしょう。
特に、保証範囲で金額が大きく変わります。

火災保険は火災にしか対応できないと思われがちですが、火災以外にも、風災や盗難、破損にも対応できるプランがあります。
保険会社によって異なるため、どのようなプランがあるのかを確認しておきましょう。

□まとめ

マンションの火災保険への加入は、義務ではなく任意です。
しかし、住宅におけるさまざまなリスクを考えると、火災保険は入っておいた方が良いでしょう。
部屋の構造や火災保険のプランによってその価格はさまざまです。
≪ 前へ|マンション購入で気を付けておくべき罠について解説します   記事一覧   マンション購入でお悩みの方へ!マンション購入の決め手とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る