ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の中古住宅をお考えの方必見!中古住宅のホームインスペクションとは

福井市の中古住宅をお考えの方必見!中古住宅のホームインスペクションとは

≪ 前へ|年収はどれくらい必要?マンションの購入について!   記事一覧    福井市にお住みの方へ!中古住宅を二世帯住宅にリフォーム|次へ ≫

福井市の中古住宅をお考えの方必見!中古住宅のホームインスペクションとは

中古住宅のホームインスペクションについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
ホームインスペクションで住宅を診断せずに中古住宅を購入すると、ちゃんと住み続けられるかどうか不安になるかもしれません。
そこで、この記事ではホームインスペクションとはどのようなものかについて解説します。

□ホームインスペクションとはどのようなものなのか知っておこう

中古住宅はすでに完成している住宅なので、実際に住んでみるとどのようなイメージになるのかを想像しやすいです。
そのため、中古住宅は年々人気が高まっています。

ただ、ちゃんと住み続けられるかどうかや、目に見えない不具合があるかどうかが気になりますよね。
そのような不安を解消するための手段として、ホームインスペクションをすることをおすすめします。

ホームインスペクションでは、購入する前に専門家が住宅の検査を行ってくれます。
住宅のどこが劣化しているか、欠陥があるかどうか、メンテナンスは必要かどうかを診断してくれます。

*具体的にどのようなことをしてくれるのか

基礎や外壁、屋根、室内、水回りの設備、床下、天井裏、ベランダ、フェンスなどのほとんど全ての場所の状態を検査してくれます。
打診棒で叩き、基礎の状態を確認したり、塗装のハゲがないか調べたり、水漏れやシロアリの有無を調べたりしてくれます。

これらの検査を行わずに購入すると、後でトラブルが発生してしまうかもしれません。
そのため、積極的にホームインスペクションを活用してみましょう。

□どのくらいの費用がかかるのかについて解説

一般的に、建物の面積が30坪程度の住宅の場合、費用は5〜6万円程度かかると言われています。
ただ、特殊な機材を使用して正確に住宅の状況を調べる検査を行うのであれば、10万円程度かかることがあります。
基本的に、購入前に住宅を検査する際にかかる費用は、購入を検討している方が負担することになっています。

ただ、これから長年住むことになるかもしれない住宅なので、検査の費用を節約しようとは考えないようにしましょう。
瑕疵担保責任が適用されるのは購入してから1年以内の場合のみなので、もしそれ以降に重大な欠陥が見つかったとしても、買主が自分で修繕費を負担することになります。
そのような事態を避けるために、事前にホームインスペクションで状態を把握しておくことを強くおすすめします。

□まとめ

ホームインスペクションとはどのようなものかについて知っていただけたでしょうか。
これから長期的に住むことを考えているのであれば、事前に住宅の状況を詳しく把握しておくことをおすすめします。
これらを参考にホームインスペクションをして中古住宅を購入してみましょう。
≪ 前へ|年収はどれくらい必要?マンションの購入について!   記事一覧    福井市にお住みの方へ!中古住宅を二世帯住宅にリフォーム|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る