ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市にお住みの方へ!中古住宅を二世帯住宅にリフォーム

福井市にお住みの方へ!中古住宅を二世帯住宅にリフォーム

≪ 前へ| 福井市の中古住宅をお考えの方必見!中古住宅のホームインスペクションとは   記事一覧    福井市にお住みの方へ!中古住宅の耐震補強とは|次へ ≫

福井市にお住みの方へ!中古住宅を二世帯住宅にリフォーム

二世帯住宅とはどのようなものなのでしょうか。
リフォームをする機会に二世帯住宅にしようとしている方もいらっしゃるかもしれません。
リフォームをする前に、どのようなものなのかを知っておきたいですよね。
では、具体的に二世帯住宅とはどのようなものなのかを見ていきましょう。

□二世帯住宅とはどのようなものなの

二世帯住宅とは、親と子の二世帯の家族が一緒に住むための住宅です。
住むエリアを分けたり、共有部分を作ったりと様々な住み分けを行うことで、暮らしやすくできます。
それぞれの家庭によって状況が異なるため、どのような住宅にするかを話し合っておくと良いでしょう。
次に、二世帯住宅の種類について解説します。

*親世帯と子世帯が完全に別々に暮らす間取り

完全分離型と呼ばれる二世帯住宅で、上下階や左右にそれぞれの住むエリアを分けます。
世代間の価値観や、生活リズムが違う場合に採用されやすいです。
この間取りでは、キッチンやトイレなどの水回りの設備を2つ用意する必要があります。
建築費や電気代が高くなることに注意しましょう。

*部分的に共有する間取り

一部のエリアを共有する間取りです。
玄関や水回りの設備を共有することが多いです。
また、リビングやダイニングを共有するエリアにすることで、親世帯と子世帯のコミュニケーションが生まれやすくなります。
コミュニケーションが増えるだけでなく、自分たちのプライベートな時間も取れるため、かなり住みやすいと言えるでしょう。

*完全に一緒に住む間取り

部分的ではなく、全てのエリアを共有するタイプの間取りです。
建築費や光熱費を抑えられるだけでなく、家族間のコミュニケーションが格段に増えるため、安心して子育てできます。
共働きの家庭の場合は、親世帯に子供の面倒を見てもらえるため、とても助かるでしょう。

□二世帯住宅にリフォームする際の内容や費用

二世帯リフォームにかかる費用はどのくらいなのでしょうか。
水回りやリビング、ダイニングを増やす場合にかかる費用を以下に紹介します。

・トイレを増設する場合:約50万円〜
・お風呂を増設する場合:約80万円〜
・キッチンを増設する場合:約120万円〜
・リビングやダイニングを改装する場合:約150万円〜

二世帯住宅にリフォームする場合は、このくらいの費用がかかります。
内容や設備のグレードによっても変わるため、一度相談してみてください。

□まとめ

この記事で紹介したように、二世帯住宅は3種類あります。
紹介した二世帯住宅にリフォームする際の費用を参考にして、中古住宅の購入を検討してみてください。
≪ 前へ| 福井市の中古住宅をお考えの方必見!中古住宅のホームインスペクションとは   記事一覧    福井市にお住みの方へ!中古住宅の耐震補強とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る