ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市にお住みの方へ!中古住宅の耐震補強とは

福井市にお住みの方へ!中古住宅の耐震補強とは

≪ 前へ| 福井市にお住みの方へ!中古住宅を二世帯住宅にリフォーム   記事一覧    福井市の業者が解説!中古住宅のリフォームについて|次へ ≫

福井市にお住みの方へ!中古住宅の耐震補強とは

「中古住宅を購入したいけど、耐震性が気になる。」
このように、中古住宅の耐震性に悩んでいる方は多いと思います。
なるべく、地震が来ても耐えられる家に住みたいですよね。
そこで今回は「住宅の耐震補強」についてご紹介します。

□どのような中古住宅の場合は耐震補強が必要なのか

実は、中古住宅の中にも、耐震性が低い住宅が紛れていることがあります。
以下に耐震補強が必要な建物の特徴をご紹介します。

・1981年6月以前に確認申請を受けた建物
・シロアリの被害があると考えられる建物
・建築基準法を守らずに建てられた建物
・平面の形状が複雑な建物

購入する予定の中古住宅にこれらの特徴が見受けられる場合は、耐震補強が必要になる可能性が高いです。
そのため、事前に耐震補強が必要かどうかをリフォーム会社や住宅会社に確認すると良いでしょう。

□耐震リフォームの手順

耐震リフォームには4つのステップがあるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

まずは簡単な診断を行う必要があります。
専門家に依頼する前に、自分の目で見て確認しましょう。
傷んでいるところはあるか、ひびが入っていないかを確認しておくことをお勧めします。

次に、耐震診断の専門家へ依頼しましょう。
自分の目で見て大丈夫だと考えても、専門家の目で見た場合には安全性に問題があるという診断結果になる可能性があります。
そのため、必ず建築診断士や耐震評価士に診断してもらってくださいね。

一般的に、目視による検査だと約5〜6万円、機材を使用する場合は、約10万円かかると言われています。
中古住宅売買における瑕疵保険が適用できる可能性もあるため、一度住宅販売会社に確認をとってみましょう。
また、自治体から補助金が出ることもあるため、事前に情報を集めておくことが大切です。

診断してもらった後は、耐震リフォームをしてくれる会社を探しましょう。
実際にどのくらいの値段でリフォームしてくれるのか、どのような内容でリフォームを行うのかを確認することが大切です。

会社を選んだら、プランを練って耐震リフォームを実施します。
予算を伝えて、どのくらいの期間に完了するのかを確認しておきましょう。

□まとめ

今回は「住宅の耐震補強」についてご紹介しました。
この記事を参考に、中古住宅を購入して耐震リフォームをしてみてくださいね。
他にも耐震性について気になることやわからないことがありましたら、いつでも当社にご相談ください。
≪ 前へ| 福井市にお住みの方へ!中古住宅を二世帯住宅にリフォーム   記事一覧    福井市の業者が解説!中古住宅のリフォームについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る