ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市で中古住宅を検討中の方へ!布基礎の中古住宅について解説

福井市で中古住宅を検討中の方へ!布基礎の中古住宅について解説

≪ 前へ| 福井市で中古住宅を検討中の方へ!現状渡しとは?詳しく解説します   記事一覧   福井市で中古住宅を検討中の方へ!中古住宅のクーリングオフについて教えます!|次へ ≫

福井市で中古住宅を検討中の方へ!布基礎の中古住宅について解説

中古住宅の基礎について気になっている方は多いと思います。
そのような方の中で、布基礎とはどのようなものなのかご存知の方はいらっしゃいますか。
基礎とはそもそも何か、ベタ基礎と布基礎などの種類について解説します。

□そもそも基礎とはどのようなものなの

新築住宅を建てているところに、コンクリートでできた迷路のようなものが作られているのを見たことがある方もいらっしゃると思います。
そのコンクリートの部分のことを基礎と呼び、地面と家の床の間の部分のことを指します。
この基礎があることで、建物を支えられたり、床下の通気性が保てたりします。

*基礎には歴史がある

実は、古民家などのかなり古い時期に建てられた住宅では、基礎がかなり不安定な場合があります。
近年の耐震基準で建てられた住宅ではない場合は、基礎がなく、地面に大きな石を埋めてその上に柱を建てているケースがあります。

このような状態の住宅では、地震が来た時にその石から柱がズレ落ちてしまい、建物が倒壊する可能性があります。
中古住宅を購入する際は、基礎がきちんと作られているかを確認しておくと良いでしょう。

□ベタ基礎と布基礎の違いについて解説

実は基礎にはベタ基礎と布基礎があります。
それぞれの特徴と違いについて解説します。

*ベタ基礎の特徴について解説

ベタ基礎は、立ち上がっている部分と床を支えている部分を一体化させて、大きな面で住宅の重さを支える基礎です。
面で支えた方が重さを分散できるため、布基礎より耐震性が高いと言われています。

床下の地面を全て分厚いコンクリートで覆っているため、湿気が建物に伝わるのを防げるメリットもあります。
また、シロアリの被害を防げるのも嬉しいポイントだと言えるでしょう。
ただ、コンクリートや鉄筋をたくさん使用するため、費用が高くなる点はデメリットです。

*布基礎の特徴について解説

ベタ基礎と布基礎の大きな違いは、住宅をどのように支えているかという点です。
ベタ基礎は面で支えているのに対して、布基礎は点で支えます。
布基礎のメリットとして、コストを抑えやすいことが挙げられます。
ただ、シロアリ被害を受ける可能性が高くなる点に注意しておきましょう。

□まとめ

この記事で紹介したように、地面と床の間で住宅を支えているのが基礎です。
基礎には、布基礎とベタ基礎という2種類の作り方があるため、それぞれの特徴を把握しておくことが大切です。
中古住宅を購入してから、基礎から作り変える建て替えリフォームもできるので、困ったことがありましたらいつでもご連絡ください。
≪ 前へ| 福井市で中古住宅を検討中の方へ!現状渡しとは?詳しく解説します   記事一覧   福井市で中古住宅を検討中の方へ!中古住宅のクーリングオフについて教えます!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る