ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の中古住宅をお考えの方必見!抵当権について解説します

福井市の中古住宅をお考えの方必見!抵当権について解説します

≪ 前へ|福井市で中古住宅を検討中の方へ!即決はしていいのかを解説   記事一覧   福井市のソーラーパネル付き中古住宅をお考えの方必見!名義変更とは?|次へ ≫

福井市の中古住宅をお考えの方必見!抵当権について解説します

中古住宅を福井市で購入予定の方で、抵当権について知りたいという方は多いです。
抵当権という言葉に聞き馴染みがないという方も多いのではないでしょうか。
しかし、抵当権は放置しているとトラブルの元になりかねません。
今回は、抵当権について解説します。

□抵当権とはどのようなものなのか

抵当権とは担保と同じような意味のものです。
住宅ローンを借りた人が万が一債務不履行に陥った場合、ローンを返済させるために住宅を競売にかけられる権利のことを言います。
つまり、抵当権を設定している住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合、住宅は差し押さえられて売りに出されてしまいます。
もちろんその家には住めません。

中古住宅を購入する際には、住宅ローンを組んで購入することが一般的です。
住宅ローンは高額かつ長期にわたるローンです。
そのため、返済ができなくなってしまう場合もあるかもしれません。
その時に、住宅ローンを返済してもらえないからといって泣き寝入りしていては、金融機関はすぐに倒産してしまいます。
そんなときのための保険として抵当権があるのです。
抵当権がついている住宅は、金融機関が競売にかけることができるため、住宅の権利は金融機関にあるとも言えるでしょう。

□抵当権がついている中古住宅を購入する際のリスク

抵当権は住宅を購入する際につけられます。
抵当権がついていること自体は一般的ですが、抵当権付きの中古住宅を購入する際には注意が必要です。
どのような点に注意すればいいのでしょうか。

売主にローンの残債があって、その返済が滞っている場合には特に注意が必要です。
抵当権がついている住宅のローン返済が滞っている場合、住宅が競売にかけられてしまう可能性があります。
もちろん住宅を売ったお金でローンを返済してくれれば問題はありません。
しかし、手違いでローンが返済されず、滞納が半年以上続く場合購入したはずの住宅が競売にかけられてしまうかもしれません。

抵当権はローンを返済すれば抹消が可能です。
抵当権を抹消した後に、売主から買主へ不動産の所有権移転登記も行ないましょう。
この一連の手続きは同時に行います。
これを同時抹消と言います。

□まとめ

住宅には抵当権がついていることがありますが、抵当権がついている住宅にはリスクが伴います。
抵当権がついている住宅を購入する場合には必ず抹消手続きを行ってから購入しましょう。
買主にとって難しい手続きではありません。
不安な場合、仲介業者に相談してみましょう。
≪ 前へ|福井市で中古住宅を検討中の方へ!即決はしていいのかを解説   記事一覧   福井市のソーラーパネル付き中古住宅をお考えの方必見!名義変更とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る