ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市にお住みの方へ!中古住宅を購入する際の適合証明書について

福井市にお住みの方へ!中古住宅を購入する際の適合証明書について

≪ 前へ|福井市で中古住宅を検討中の方へ!手数料について解説します   記事一覧   福井市の業者が解説!中古住宅入居前にすることとは|次へ ≫

福井市にお住みの方へ!中古住宅を購入する際の適合証明書について

中古住宅の購入をお考えの方で、適合証明書という言葉が分からなくてお困りの方はいらっしゃいませんか。
適合証明書は、ある住宅ローンを利用する際に必要になります。
どのような証明書なのでしょうか。
福井市の不動産会社が解説します。

□適合証明書とは

適合証明書は、フラット35という住宅ローンを利用する際に必要になります。
そもそもフラット35とはどのような住宅ローンなのでしょうか。
フラット35は、最長35年の長期固定金利住宅ローンです。
フラット35の特徴としては、金利変動がない点と、保証料や繰上げ返済手数料が不要な点です。

このローンを利用する場合に、購入する住宅が一定の技術基準に適合しているかを証明する必要があるので注意しましょう。
その際に必要なのが適合証明書です。
その基準は建築基準法に適しているかだけでは判断されません。
住宅金融支援機構が独自に定めた基準も含めて判断されます。
検査は検査機関所属の建築士の資格を持っている方が行います。

□中古住宅における適合証明書

中古住宅では、どのようなチェックがされるのでしょうか。
新築の場合、住宅が建築されていく進行に応じた検査が行われます。
しかし、中古住宅はすでに出来上がっているため、このようなチェックができません。
そのため中古住宅では、書類審査と現地調査によって検査が行われます。
書類審査では設計図書や登記事項証明書などを確認して検査を行い、現地調査では現地を訪問し目視などで確認します。

中には、検査を省略できる中古住宅も存在します。
それはどのような中古住宅なのでしょうか。
購入する中古住宅が一定の用件を満たしている場合に省略が可能です。
一定の要件とは、築年数が20年以下で、建てられた時に長期優良住宅の認定を受けている場合や、築年数が10年以下で、建てられた時にフラット35を利用している場合です。
この場合検査が省略可能なので、確認してみましょう。

検査の省略が可能なのであれば、ローンを組む際の負担が少し軽くなります。
住宅の購入は大変なので、できるだけ負担を軽くしたいという方も多いでしょう。
ローンの手続きが一部省略されるだけでも、かなりの負担減に繋がるでしょう。

□まとめ

フラット35は近年人気の住宅ローンです。
しかし、フラット35を利用できるのは、検査をクリアした物件のみでした。
検査をクリアしたことを証明するための書類が、適合証明書です。
フラット35の利用をお考えの方は把握しておきましょう。
≪ 前へ|福井市で中古住宅を検討中の方へ!手数料について解説します   記事一覧   福井市の業者が解説!中古住宅入居前にすることとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る