ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅を福井市で買おう!返済期間はどのくらいがいいかを解説

中古住宅を福井市で買おう!返済期間はどのくらいがいいかを解説

≪ 前へ|福井市の業者が解説!中古住宅入居前にすることとは   記事一覧   福井市にお住みの方へ!中古住宅の床の傾きはどうする?|次へ ≫

中古住宅を福井市で買おう!返済期間はどのくらいがいいかを解説

福井市で中古住宅を購入予定の方で、住宅ローンの返済期間についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅と新築を購入する際の住宅ローンの違いについて知りたいという方もいらっしゃるかもしれません。
中古住宅の住宅ローンについて紹介します。

□中古住宅の住宅ローンについて

住宅を購入する際には一般的にローンを組みます。
それは、中古住宅でも同じです。
中古住宅専用の住宅ローンというものはありません。
そのため、通常と同じ流れでローンが組めます。
しかし、中古住宅ならではの注意点があるので確認していきましょう。

まずは不動産会社の仲介手数料が発生することです。
中古住宅の場合は新築と異なり、元からある住宅を探す必要があります。
この元からある住宅を探すために、不動産会社に仲介をしてもらいます。
この際にかかる費用に仲介手数料があり、新築にはかかりません。

また、中古住宅ではリフォームが必要な場合があります。
その場合、リフォームをするためのローンを組む必要があります。
その場合、住宅ローンとリフォームローンが一体になったものを選ぶと良いでしょう。
別にローンを組んでしまうと、リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いため、損をしてしまう場合があります。
その点には注意してローンを組みましょう。

□住宅ローンの返済期間

住宅ローンはできるだけ早く返したいとお考えの方も多いかと思います。
それは中古住宅でも新築でも同じです。
しかし、住宅ローンの返済期間は短ければ短いほどいいのでしょうか。
返済期間の長短にはそれぞれメリットやデメリットがあります。
どのようなものがあるのかを確認しておきましょう。

*返済期間が長い場合

返済期間を長く設定した場合、手元の資金に余裕ができたり、もし早く返そうとした時には繰り上げ返済ができたりするという柔軟な対応が取りやすいという点がメリットです。
一方、金利が高くなったり、支払い利息が多くなったりするというデメリットがあります。

*返済期間が短い場合

返済期間を短く設定した場合には、ローンを早く返済しきれたり、利息が少なくできたりするといったメリットがあります。
一方で、返済が難しくなってきた際に、ローンの期間を延長することは困難なため、家計が急変した際には困ります。

□まとめ

住宅ローンは基本的に長期間で返済していくものです。
返済期間は短くするにしても長くするにしても、身の丈に合った長さにする必要があります。
大切なのは無理なく早く返せることです。
無理なく早く返せる期間がどのくらいなのかをよく考えて、返済期間を考えましょう。
≪ 前へ|福井市の業者が解説!中古住宅入居前にすることとは   記事一覧   福井市にお住みの方へ!中古住宅の床の傾きはどうする?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る