ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の業者が解説!中古住宅にエアコンは備え付けられている?

福井市の業者が解説!中古住宅にエアコンは備え付けられている?

≪ 前へ|福井市にお住みの方へ!中古住宅の床の傾きはどうする?   記事一覧   福井市の業者が解説!中古住宅のライフラインについて|次へ ≫

福井市の業者が解説!中古住宅にエアコンは備え付けられている?

中古住宅の購入をお考えの方で、エアコンなどの設備がどのような扱いになるのか知りたいとお考えの方は多いです。
エアコンなどの設備が中古住宅に備え付けられているかは、付帯設備表に記載されています。
福井市で中古住宅を購入する際も同じです。
付帯設備表について確認しておきましょう。

□中古住宅にエアコンが備え付けられているかどうかは付帯設備表に記載されている

中古住宅では、新築時に付帯していた設備以外は売却時に売主側が取り外してから退去します。
例えば、照明器具やエアコンは原則として取り外されます。
そのため、中古住宅での家具家電は元いた家から持ってくるか、新しく購入するかを検討する必要があるでしょう。

しかし、売主が付帯していなかった設備を残していく場合もあります。
ミスによって設備が取り外されていないのかについては、付帯設備表を確認すればわかります。
家具や家電は自前で準備したいという方もいらっしゃるかもしれませんが、準備の手間が省けて嬉しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、設備を残すかどうかは売主判断ですが、交渉も可能です。
契約時や内見時に聞いてみましょう。

□付帯設備表の詳細を確認しよう

付帯設備表には、どのような設備が残されているかが記載されています。
しかし、それ以外にも記載されていることがあります。
どのようなことが記載されているのでしょうか。
確認しておきましょう。

付帯設備表には、設備の「名称」「内容・機能」「有無」「故障・不具合」「故障・不具合の具体的な内容」が記載されています。
もし設備の「有無」に記載されていないものが残っている場合や、逆に、あるはずのものがない場合には売主に確認する必要があるでしょう。

また、「故障・不具合」の有無も確認しておきましょう。
付帯設備表に記載されている設備に故障があった場合で、この「故障・不具合」の欄に故障が明記されていない場合、修理費用を売主が保証します。
ただし、売主が修理をするべきなのは主要設備に限ります。
主要設備は、給湯器などの給湯関係、台所セット、浴室設備、洗面設備、トイレ設備、などの水回り関係、冷暖房機、床暖房設備、換気扇などの空調関係、そのほかにはインターホンやドアチャイムです。
これらの設備に故障があった場合は、修理を依頼しましょう。

□まとめ

中古住宅を購入する際には、確認するべきことが多くあります。
付帯設備表はその中のひとつです。
まずは付帯設備表の見方を確認し、「有無」や「故障・不具合」を中心に内容を確認しましょう。
不備があった場合は、すぐに修理や意義を主張するのではなく、まずは売主に確認しましょう。
≪ 前へ|福井市にお住みの方へ!中古住宅の床の傾きはどうする?   記事一覧   福井市の業者が解説!中古住宅のライフラインについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る