ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の業者が解説!中古住宅のライフラインについて

福井市の業者が解説!中古住宅のライフラインについて

≪ 前へ|福井市の業者が解説!中古住宅にエアコンは備え付けられている?   記事一覧   福井市の中古住宅をお考えの方必見!いい物件の買い方とは|次へ ≫

福井市の業者が解説!中古住宅のライフラインについて

中古住宅を福井市で購入の方で、ライフラインの開通はどのようにするべきかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
住宅の購入の際にはさまざまな手続きが必要なため、普段は見慣れないような書類を目にする場面も多いです。
しかし、もっと身近なライフラインの手続きも大切です。
ライフラインの手続きについて説明します。

□ライフラインの手続きは引っ越し前に行う

中古住宅のライフラインの開通には名義変更が必要です。
入居直前にライフラインを開通すると、遅れが生じてしまう場合がります。
そのため、引っ越し前に、それも早めに開通手続きを行うと良いでしょう。

特に、インターネットの手続きやガスの手続きは早めに済ませる必要があります。
インターネットの回線には工事が必要になる場合もあります。
そのため、早めに手続きをして日程の調整をしましょう。
ガスの場合は開栓の際に立ち合いが必要です。
そのためこちらも早めに手続きをして、立ち合いできる日程の調整を行いましょう。

□ライフラインの契約方法

中古住宅で開通させる必要があるライフラインは、電気、水道、ガスです。
今回は電気、水道、ガスの開通方法について紹介します。

*電気の開通手続き

電気の開通手続きは電気会社へ電話をかけるだけで可能です。
その後、自宅ポストに葉書が投函されるので、その際に支払い方法を決めます。
支払い方法は、クレジットカード決済、振込、コンビニ払いなどが一般的です。
そのどれかを選び、葉書を返送しましょう。

中古住宅では内見の際に電気が使えることが多いですが、その多くは売主が契約を続けているか、管理会社が建て替えています。
そのため、引っ越し後は契約が必要なので、必ず開通手続きを行いましょう。

*水道の開通手続き

水道の開通手続きも水道会社に連絡して行います。
中古住宅では入居前にリフォームをする場合があります。
その際に水道が開通していなければ不便です。
リフォームを行う前に水道の開通手続きは行いましょう。

*ガスの開通手続き

ガスは実際に家に住んでから使い始めるので、最後に手続きをしても大丈夫です。
しかし、ガスは開栓の際に立ち合いが必要です。
スケジュール調整の意味も込めて早めに手続きしましょう。

□まとめ

家に住むにあたってライフラインは重要です。
どれが欠けても快適な暮らしは難しくなってしまいます。
引っ越し前後になると慌ただしくなり、手続きを忘れてしまうかもしれません。
余裕のあるうちに全て手続きしてしまいましょう。
≪ 前へ|福井市の業者が解説!中古住宅にエアコンは備え付けられている?   記事一覧   福井市の中古住宅をお考えの方必見!いい物件の買い方とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る