ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の中古住宅をお考えの方必見!中古住宅の定義とは

福井市の中古住宅をお考えの方必見!中古住宅の定義とは

≪ 前へ|福井市の業者が解説!中古住宅の水道管で注意することとは   記事一覧   中古住宅を福井市で買おう!コロナ禍での中古住宅について|次へ ≫

福井市の中古住宅をお考えの方必見!中古住宅の定義とは

福井市で中古住宅をお考えの方で、中古住宅の定義が知りたいという方はいらっしゃいませんか。
新築でない物件は全て中古住宅だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、厳密には異なります。
どのような定義なのでしょうか。

□中古住宅の定義

中古住宅とは、過去に人が住んだことのある住宅を指します。
流通物件とも呼ばれます。
中古住宅は仲介会社を通じて取引されるのが一般的です。
しかし、これだけが中古住宅なわけではありません。

未入居の場合でも中古住宅と呼ばれることもあります。
新築で完成してから1年以上経過した物件は中古に分類されます。
日本ではまだまだ中古住宅の流通量は少なく、欧米の数分の一とも言われています。
しかし、近年では中古住宅の人気は徐々に高まっていて、人気の物件と言えるでしょう。

中古住宅は新築に比べて価格が安いというメリットがあります。
立地や構造に納得できる中古物件を購入して、自分好みにリフォームするという中古住宅の活用方法が増えています。
特に立地は、新築に比べて選択肢が多いため、人気の理由の一つです。

□新築と未入居物件

中古住宅の定義は、過去に人が住んだことのある住宅、もしくは新築から1年以上経過した場合の2つでした。
しかし、新築1年が経過しても中古住宅と表記されることは少ないです。
多くは、未入居物件と表記されます。
それは、新築とは記載できなくなるからです。

中古住宅の購入を検討している方は、未入居物件の方がいいのではないかと考える方も多いでしょう。
しかし、築浅物件には注意するべき点があります。
どのような注意点があるのでしょう。

新築物件には、税金が減額される制度が存在します。
例えば、固定資産税が免除される制度です。
新築でなくなった築浅物件でもこの制度が適用されるとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし実際は、この減税措置を受けられません。

また、中古住宅の場合瑕疵や欠陥は売主の責任になることが多いです。
しかし、築浅物件の場合は自己負担となります。
瑕疵担保責任の対象となる期間は数ヶ月から1年程度である場合が多いです。
そのため、新築から1年が経っている物件では、適応されない場合がほとんどでしょう。
これらの点に注意して、自分にあった物件を選んでくださいね。 

 □まとめ
 
 住宅の新築や中古の定義は少し複雑でした。
 新しく建てられていれば新築、それ以外は中古と考えていた方も多かったのではないでしょうか。
 税制など気を付けておく点もあるため、購入の際にはしっかり確認しておきましょう。
≪ 前へ|福井市の業者が解説!中古住宅の水道管で注意することとは   記事一覧   中古住宅を福井市で買おう!コロナ禍での中古住宅について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る