ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入の際の決済について!福井市の専門家が解説します

不動産購入の際の決済について!福井市の専門家が解説します

≪ 前へ|中古住宅を福井市で買おう!コロナ禍での中古住宅について   記事一覧   福井市で不動産の購入を検討中の方必見!不動産契約を解約するには?|次へ ≫

不動産購入の際の決済について!福井市の専門家が解説します

福井市にお住まいの方で、不動産を購入する際の決済について気になっているという方はいらっしゃいませんか。
不動産取引において決済がいつなされるのか、決済は実際どのように行われるのか、など気になる点は多くあります。
決済の日が来るまでにその概要をつかんでおきたいですね。
不動産購入の決済について解説します。

□不動産購入の際の決済とはどのようなものか

決済とは、そもそもどのようなものなのでしょうか。
何かしらの取引を行った際に、お金を支払ったり商品を引き渡したりする義務が発生します。
これらの義務を債務と呼び、相手方の権利を債権と呼びますが、決済とは、これら債権・債務のうちお金に関するものについて、実際にお金のやりとりをして債権・債務を解消することをいいます。
つまり簡単にいうと、不動産の買主目線で考えるなら、払う必要があるお金を払うということです。

不動産取引における決済とはどの段階で行われるのでしょうか。
もちろん、不動産取引においても最終段階に行います。
具体的には、買主から売買代金が支払われると同時に、売主から買主へ不動産の所有権移転登記の手続きをするのですが、これが不動産取引における決済です。

□決済の具体的な流れ

不動産における決済とは、最終段階にて行われる代金と不動産のやりとりであると紹介いたしました。
しかし、実際には決済の場ではさまざまな作業が行われます。
どのような作業が行われるかを確認しておきましょう。

まずは、司法書士によって本人確認がおこなわれます。
それと同時に決済に必要な書類を記入します。
この作業ののち、通帳と書類にて振り込みを行います。
代金の振り込みはここで完了するのですが、まだ作業は終わりではありません。

振り込みには時間がかかるため、引き渡し書類の授受や火災保険の契約を行います。
そしてこの際に最終の諸費用の支払いも行います。
これは、仲介手数料の残りや登記費用です。
現金を用意しておきましょう。

売主により着金確認を行ってもらい、確認が終われば決済は終了です。
これらの作業が一通り終われば取引は完了します。

□まとめ

不動産取引では、やはり支払いは非常に大切です。
司法書士や不動産会社、不動産の売主など多くの人が関わって手続きが進められていきます。
人も作業も多いので疲れてしまうかもしれませんが、これで最後の手続きなので、踏ん張って最後まで手続きを済ませましょう。
何かわからないことがあれば、気軽にご相談ください。
≪ 前へ|中古住宅を福井市で買おう!コロナ禍での中古住宅について   記事一覧   福井市で不動産の購入を検討中の方必見!不動産契約を解約するには?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る