ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を購入する際の援助について!福井市の専門家が解説します

不動産を購入する際の援助について!福井市の専門家が解説します

≪ 前へ|福井市で不動産の購入を検討中の方必見!不動産契約を解約するには?   記事一覧   不動産購入に消費税はかかる?福井市の不動産会社が解説します|次へ ≫

不動産を購入する際の援助について!福井市の専門家が解説します

不動産を購入するにあたって、親からの援助を受けている方は多いです。
他の援助とは異なり、不動産購入の際の援助では金額が大きくなります。
そのため、注意しておく必要があるポイントがあります。
それはどのようなものなのでしょうか。
福井市の業者が紹介いたします。

□親から資金援助を受ける際にチェックしておくべきこと

親から資金援助をするにあたって、必ず知っておくべきことがあります。
それは、税金に関することです。
お金を個人間で受け渡しする際の税制度に、贈与税というものがあります。
そもそも贈与税とはどのようなものなのでしょうか。

贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。
会社などから財産をもらった場合とは区別され、こちらには所得税がかかります。
そのため、住宅購入の際に資金援助を受けた場合、贈与税の支払いが必要になります。

しかし、いつでも満額贈与税を支払う必要があるわけではありません。
親からの資金援助を受けるにあたっては、贈与税が控除できるさまざまな制度があります。

制度はいくつかあり、例えば直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度や、相続時精算課税というものです。
これらの制度を用いれば、必要以上の税金の支払いをしなくても良くなります。
条件などを確認して、制度を利用しましょう。

□110万円以下の贈与であれば贈与税はかからない

親から資金援助を受けるにあたって、贈与税の支払いが必要になるということを解説してきました。
贈与税の支払いは、さまざまな制度で軽減されますが、実は贈与税が必要ない場合があります。
それはどのような場合でしょうか。

実は一番基本的なルールなのですが、年間で110万円以下の贈与であれば所得税はかかりません。
これは一人から年間110万円ではなく、全ての贈与を含めて110万円以下の場合に適用されます。
不動産購入資金として贈与を受ける場合、110万円を大きく上回ってしまう場合が多いかもしれません。
しかし、頭金として考えると110万円はかなりの金額になります。
贈与税を避けて贈与を受けたい場合であれば、頭金として110万円以内の贈与を受けることをおすすめします。

□まとめ

不動産の購入には大きな金額の費用がかかります。
そのため、親からの資金援助はありがたいですよね。
しかし、せっかく援助を受けても、予想以上に税金が取られてしまってはもったいないです。
贈与税が軽減される制度などを用いて資金援助を受けましょう。
≪ 前へ|福井市で不動産の購入を検討中の方必見!不動産契約を解約するには?   記事一覧   不動産購入に消費税はかかる?福井市の不動産会社が解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る