ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の福井市での購入を検討中の方へ!不動産を住み替えするなら売却と購入どちらが先?

不動産の福井市での購入を検討中の方へ!不動産を住み替えするなら売却と購入どちらが先?

≪ 前へ|不動産購入と賃貸ではどちらがいい?福井市の専門家が解説します   記事一覧   不動産購入の際の手付金について!福井市の専門家が解説します|次へ ≫

不動産の福井市での購入を検討中の方へ!不動産を住み替えするなら売却と購入どちらが先?

不動産の住み替えをお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産を住み替える場合、不動産を売る作業と買う作業をどちらも行う必要があります。
そこで発生する問題が、どちらを優先的に進めれば良いのかという問題です。
実際、どちらを先にすれば良いのでしょうか。
福井市の業者が解説いたします。

□不動産を先に売却するメリット

まずは、不動産を先に売る時のメリットを紹介します。
先に売る一番のメリットは、比較的高値で売れるという点です。
先に売却する場合、売却が終わってから次の不動産を探せば良いので、売却期間を長く設定できます。
その結果、不動産に高い買値がつくまで待てるため、比較的高く売れやすくなります。
せっかく不動産を売るならできるだけ高く売りたいですよね。

また、売り上げがたってから不動産を探せるので、資金計画を立てやすいというメリットもあります。
いくらで売れるのかが分からないまま次の不動産を購入すると、資金が足りずに困ってしまう場合があります。
そのような自体を避けられるのは非常に魅力的ですね。

一方デメリットもあります。
それは、売却してから次の不動産を購入するまでに時間が空くと、仮住まいが必要になるという点です。
その結果、余分な費用がかかることもあるため、注意が必要です。

□不動産を先に購入するメリット

先に売却する場合にもメリットはありましたが、先に購入する場合にも十分なメリットがあります。
こちら側のメリットも確認しておきましょう。

まずはやはり、次の不動産をじっくり探せるという点です。
住み替えでは新しい不動産に納得できるかどうかが重要です。
良い不動産が見つかるまで、住み慣れた不動産に住み続けられるという点はやはり安心感があるでしょう。

そして次に、仮住まいの心配がないという点です。
先に購入すればまずは引っ越ししてから家を探せるので、その間に他のところに住む必要がありません。

そして、空き家の状態で内見ができる点もメリットです。
不動産売却の際には内見で家の中を見せる必要がありますが、まだ住んでいる状態での内見はストレスがかかります。
空き家で内見できるので、精神的にもスケジュール的にもおすすめです。

一方、住宅ローンが二重になるなどのデメリットもあるため、注意が必要です。

□まとめ

不動産の住み替えはかなり面倒です。
だからこそ、先に売るのがいいのか、先に買うのがいいのか、どちらが自分に向いているのかということをしっかり見極めることが重要です。
≪ 前へ|不動産購入と賃貸ではどちらがいい?福井市の専門家が解説します   記事一覧   不動産購入の際の手付金について!福井市の専門家が解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る