ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入の際の委任状とは?福井市の不動産会社が解説します

不動産購入の際の委任状とは?福井市の不動産会社が解説します

≪ 前へ|不動産を福井市でお探しの方へ!不動産購入の際の契約の時に必要な書類について解説します   記事一覧   福井市で不動産の購入を検討中の方必見!住所変更はいつする?|次へ ≫

不動産購入の際の委任状とは?福井市の不動産会社が解説します

不動産の購入をお考えの方で、委任状について気になっているという福井市在住の方はいらっしゃいませんか。
不動産購入の際にはさまざまな書類を準備する必要があります。
そのため、書類で混乱してしまう方も多いです。
今回は混乱しやすい書類の一つである委任状について紹介します。

□不動産売買で委任状が必要になる場合

不動を購入する際に、委任状が必要な場合があります。
しかし、委任状は全ての場合で必要になるわけではありません。
どのような際に委任状は必要になるのでしょうか。
委任状が必要になる場合はいくつかあるので確認しておきましょう。

まずは、契約を結ぶ時間が取れない時です。
止むを得ない事情があって不動産取引に時間が割けない場合もあるでしょう。
例えば仕事が忙しい場合や、入院してしまっている場合です。
このような場合には委任を検討しましょう。

そのほかにはどのような場合が考えられるでしょうか。
例えば、遠方に住んでいる場合です。
不動産取引には本人が対面で行う手続きが多いです。
そのため遠方に住んでいる場合は取引が困難になるため、委任状を使って代理人を立てる場合があります。

□委任状の準備

不動産を購入する際には委任状が必要な場合があると解説しました。
代理人が取引を進める場合には取引に時間がかかってしまいます。
そのため、委任状が必要な場合には早めに準備する必要があります。
必要事項をきちんと記入して、準備しましょう。

不動産取引の委任状には、次のような項目を記載します。
はじめに委任者の情報です。

委任者の情報としては、氏名・実印・住所があります。
委任状は古すぎると効力がないため、委任状作成の日付も記載する必要があるでしょう。

そして、代理人の情報です。
こちらには、代理人の氏名・住所を記入します。
そして委任状において重要なのが、代理人の権限の範囲です。
ここが規定されていなければ、代理人にどれほどの権限がわかりません。
代理人の権限の範囲の例には、署名・押印、手付金の授受・領収書の発行などがあります。
そして、忘れてはいけないのが不動産の情報です。
どの不動産の取引について委任されているかがわからなければ、委任できません。

□まとめ

不動産売買の際に委任状が必要になるケースというのはかなり少ないです。
しかし、いざ自分が不動産の取引をする際に代理人が必要になったという場合も考えられます。
そのような場合、きちんと必要事項を委任状に記入して、信頼できる代理人を立てましょう。
≪ 前へ|不動産を福井市でお探しの方へ!不動産購入の際の契約の時に必要な書類について解説します   記事一覧   福井市で不動産の購入を検討中の方必見!住所変更はいつする?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る