ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入の契約の流れとは?福井市の不動産会社が解説します

不動産購入の契約の流れとは?福井市の不動産会社が解説します

≪ 前へ|福井市で不動産の購入を検討中の方必見!契約の注意点について   記事一覧   福井市で不動産をお探しの方必見!不動産購入の際の頭金とは|次へ ≫

不動産購入の契約の流れとは?福井市の不動産会社が解説します

「不動産を購入する際の流れが知りたい。」
このようにお考えの福井市の方はいらっしゃいませんか。
不動産購入の手続きはかなり煩雑なため、混乱してしまう方も多いです。
しかし、全体の流れさえ知っていれば、迷うことなく手続きを進めていけます。

□不動産購入の申し込みから契約までの流れ

不動産を購入して実際に住むまでには長い道のりがあります。
まずは、本契約を結ぶ前までの流れを確認しましょう。

不動産購入の本契約までに行うことで、把握しておく必要があることは、大きく分けて2つです。
まずは、購入予約です。
購入予約では本契約ではなく仮契約のようなものを結びます。
この契約はあくまで仮契約であるため、法的拘束力はありません。
しかし、この過程がなければ契約はできないので、必ず覚えておきましょう。

購入予約をした後は、ローンの申し込みをして、手続きを進めていきます。
その次に大切な手続きは重要事項説明です。
重要事項説明では、契約をする際に確認しておく必要があることの最終確認を行います。
ここで承諾した場合、重要事項で書かれている内容を全て受け入れたことになるため、必ずよく確認しましょう。

□不動産購入の契約時の流れ

購入予約をして、重要事項まで聞いたら、後は本契約をして契約完了です。
売買契約では仮契約と異なり、契約を破棄した場合違約金がかかります。
そのため、購入を辞退したいとお考えの方は、この契約をする前になるべく早くその旨を伝えましょう。

また、何らかの事情で支払いが遅延してしまった場合にも契約解除からの違約金の支払いという流れが発生してしまう場合がります。
そのような事態は必ず避けましょう。

売買契約の締結時には準備しておくべきものがいくつかあるので確認しておきましょう。

売買契約の際には、以下のものが必要です。
まずは、印鑑です。
こちらはローンを利用する場合は実印で用意しましょう。

また、手付金は現金か小切手で用意します。
金額は大きくありませんが、契約時には契約書に印紙を貼るため、印紙代が必要です。
もちろん本人確認書類も必要です。
どの確認書類が有効かは、不動産会社に確認しておきましょう。

□まとめ

不動産購入は初めてだという方が大半です。
そのため、流れを把握しておかなければうまくいかない場合があります。
失敗しないためにも、流れや詳細をしっかりと確認して契約に挑みましょう。
何かわからないことがあれば、気軽にご相談ください。
≪ 前へ|福井市で不動産の購入を検討中の方必見!契約の注意点について   記事一覧   福井市で不動産をお探しの方必見!不動産購入の際の頭金とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る