ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地の坪単価ってどうなの?土地を購入する際の疑問を福井市の不動産会社が解説

土地の坪単価ってどうなの?土地を購入する際の疑問を福井市の不動産会社が解説

≪ 前へ|福井市の夫婦が土地購入する場合の注意点とは?土地の購入について解説!   記事一覧   土地を購入して建て替えする場合とは?福井市の業者が紹介します|次へ ≫

土地の坪単価ってどうなの?土地を購入する際の疑問を福井市の不動産会社が解説

福井市にお住まいで、新築のための土地を購入したいとお考えの方はいらっしゃるでしょう。
購入した土地いっぱいに住宅を建てられないことは想像できますが、どの程度の広さの土地が最低限必要なのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、一般的な住宅の坪数を紹介した後に、必要な土地の坪数を解説します。

□住宅の平均坪数とは

住宅を建てる土地の最低限の広さを知るために、一般的な住宅の坪数を紹介します。
全国的に、1住宅あたりの坪数は35から40坪であると言われています。
国交省が提出した推奨する水準では、3人家族で30坪、4人家族で38坪となっており、およそ全国的な平均と相応の値となっていることが分かるでしょう。
一般的な住宅の坪数は、地方によっても少しばかり異なり、首都圏は地方と比べて狭い傾向にあります。

35坪は、3LDKであれば余裕を持って設定できる広さです。
40坪は35坪と比べて10畳ほど広くなりますので、4LDKの間取りでも余裕を持てるでしょう。

紹介した広さはあくまでも一般的な話です。
家族の生活スタイルを考え、適した広さを選択する必要があるでしょう。
家族とよく話し合った上で決めることをおすすめします。

□土地購入の際に考える建ぺい率とは

住宅の区画を考えた後に、どの程度の土地の広さが必須なのかを検討しましょう。
40坪の土地に40坪の住宅を建てるのは不可能であることは想像に易いでしょう。

実は、土地によって、その土地に建てることを許可されている住宅の区画が定められています。
ある土地で、住宅を建てて良い区画の割合は建ぺい率と言われています。
40坪の土地と仮定して、建ぺい率が50パーセントである時、この土地に建てて良い区画は20坪ということが分かるでしょう。
一般的な建ぺい率の値は、40から60パーセントと言われています。

建ぺい率50パーセントの40坪の土地では、20坪の面積を住宅に使用できると紹介しましたが、この土地に2階ある住宅を建設すると、延べ床面積は40坪と導出できます。
40坪であれば、4人家族がゆとりを感じて生活できるでしょう。

建ぺい率は、地域によっても異なりますので、土地を探す際は専門家の助言を参考にすると良いでしょう。

□まとめ

福井市にお住まいの方に土地を購入する際に考えるべき、土地の広さについて解説しました。
新築を建てる土地を検討する際は、建ぺい率を考慮しましょう。

当社では、新築を建てる際の土地探しをお手伝いします。
新築のイメージや広さについて丁寧にヒアリングを行いますので、土地探しを検討中の方はお問い合わせください。
≪ 前へ|福井市の夫婦が土地購入する場合の注意点とは?土地の購入について解説!   記事一覧   土地を購入して建て替えする場合とは?福井市の業者が紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る