ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地を購入して建て替えする場合とは?福井市の業者が紹介します

土地を購入して建て替えする場合とは?福井市の業者が紹介します

≪ 前へ|土地の坪単価ってどうなの?土地を購入する際の疑問を福井市の不動産会社が解説   記事一覧   福井市で土地を購入する際の注意点!整地費用について解説します|次へ ≫

土地を購入して建て替えする場合とは?福井市の業者が紹介します

福井市にお住まいの方の中に、新しい家を建てようと考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方は、まず土地探しを行う必要があるでしょう。
その際、新築を建てるために、更地に絞って土地を探していませんか。
今回は、新築を建てる際の、土地を購入して建て替えるという選択肢について紹介します。

□土地を購入して建て替える場合とは

土地を購入した後、新築を建てる際、建て替えるケースがあります。
購入する土地が、古家ありの土地である場合このケースにあたります。
土地の値段が、思ったよりも安く表記されていると感じても、古家ありの土地であれば建て替える必要があり、費用がかさむケースがあるでしょう。

古家ありの土地とは、住宅が建っている状態で売りに出されている土地です。
またこの時の住宅は、しっかりと値段が付いて販売されている中古住宅と異なり、老朽化が進み住宅自体に価値が付けられなくなったものです。
中古住宅と古家とを見分ける上では、年数、耐震性など数値的な決まり事はありません。
法律で木造建築の耐用年数が22年と決められているため、この年数に迫った住宅がある土地は、古家ありの土地とされる傾向があります。

□古家ありの土地を購入するメリットとは

古家ありの土地は、購入する際に注意が必要ですが、おすすめできる点もあげられます。

1つ目に、更地よりも安く設定されている場合が多いことがあげられるでしょう。
これは解体費用が考えられているためと説明しましたが、解体せずにリノベーションする選択肢もあります。
この場合、更地を選ぶより安価となることがあるのでメリットと言えます。
またこの際契約する住宅ローンは、中古住宅を購入する時に契約する条件と同じ条件となるでしょう。

2つ目は、家を建て替えた時のイメージのしやすさです。
古家がない場合、何もない土地を見て、新築のイメージをしようとしてもできないものです。
逆に古家があれば、土地を見学した際に、風通しや日当たりなどを実際に体感できるので、新築でどこに窓を付けるか、や、吹き抜けが必要かを考えやすいでしょう。

古家ありの土地を買うことには、良い点も期待できますので、土地選びの選択肢の1つとして持っておくことをおすすめします。

□まとめ

福井市にお住まいの方に向けて、土地を購入した後、古家を建て替える方法について紹介しました。
古家ありの土地も視野に入れて土地探しを行うことで、ライフスタイルの条件に合った立地を探す選択肢が増えると考えられます。
当社はお客様のライフスタイルに合った土地探しをサポートしますのでぜひお問い合わせください。
≪ 前へ|土地の坪単価ってどうなの?土地を購入する際の疑問を福井市の不動産会社が解説   記事一覧   福井市で土地を購入する際の注意点!整地費用について解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る