ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地を購入するタイミングについて解説します!福井市で土地を買おう

土地を購入するタイミングについて解説します!福井市で土地を買おう

≪ 前へ|土地を購入するときの税金対策は?福井市の不動産会社が徹底解説   記事一覧   土地購入で気を付けておくべき必要書類について福井市の業者が紹介します|次へ ≫

土地を購入するタイミングについて解説します!福井市で土地を買おう

住宅ローンを組むためには、土地を購入するタイミングを考えることが必要です。
なぜ、土地を購入するタイミングによっては、住宅ローンを組めないのでしょうか。
今回は、そのような場合の対応策と合わせて、土地を購入する時に気をつける必要のあるポイントを解説します。

□土地を購入しただけでは住宅ローンは組めない!

土地を購入したが、建築計画がしっかり準備できていない場合、住宅ローンの審査は受けられません。
なぜなら、住宅ローンは土地と住宅を担保にしている融資だからです。
住宅が建つ見通しがないと、金融機関も融資をして大丈夫かどうかの判断基準が得られないのですね。

担保の評価は、土地と住宅にそれぞれ行われます。
融資の審査を受けるためには、どのような住宅を建てるのか説明できなければなりません。
建築工事がまだ始まっていなくても、建築会社に相談をして、建築費用や建築計画を示した書類を作成してもらえば、融資を受けられます。
無計画に土地を購入すると、住宅ローンを組めないため、建築会社との話し合いも同時に進めておくことが大切です。

□住宅ローンが難しい場合はつなぎ融資を考える

前述の通り、住宅ローンを組むためには、計画的に建築会社との話し合いも進めておくことが必要です。
ところが、状況によっては建築計画を立てる前に土地を購入しなければならないケースも起こり得ます。
そんなときは、つなぎ融資や土地先行融資を利用しましょう。
これらのローンは、住宅ローンの審査が通るまでの間、つなぎとしての融資が受けられるものです。

つなぎ融資は無担保ローンであるため、どうしても金利が高くなってしまいます。
また、つなぎ融資を受ける際は、金利と事務手数料が借入額から差し引かれることも覚えておきましょう。
金利や事務手数料は金融機関によって異なります。
参考までにですが、つなぎ融資の金利は2.5パーセントから3パーセントとなっている金融機関が多いです。
また、新生銀行と楽天銀行の事務手数料は共に108,000円です。

つなぎ融資の利点としては、必要に応じて3回程度融資が可能なことが挙げられるでしょう。
土地購入時、建築費の着工金・中間金など、住宅ローンを組む前にまとまったお金を支払わなければならないときに利用しましょう。

正式な住宅ローンが決まった時点で、つなぎ融資で借り入れた分は精算しなければなりません。

□まとめ

土地を購入しただけでは、住宅ローンの融資を受けられないことがあることを理解していただけたでしょうか。
建築計画を進めながら、土地を購入するのが良いでしょう。
土地を購入するタイミングについて不安なことがあれば、当社にお気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|土地を購入するときの税金対策は?福井市の不動産会社が徹底解説   記事一覧   土地購入で気を付けておくべき必要書類について福井市の業者が紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る