ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の土地を購入する際の埋設物とは?対処方法について解説します

福井市の土地を購入する際の埋設物とは?対処方法について解説します

≪ 前へ|擁壁付きの土地を購入することについて!福井市の業者が解説します   記事一覧   福井市の土地を購入する際のお悩みを解決!土壌汚染の対策|次へ ≫

福井市の土地を購入する際の埋設物とは?対処方法について解説します

購入した土地にゴミが埋まっていることや落ちていることでお困りの方はいらっしゃいませんか。
土地をせっかく購入したのに埋設物があると、悲しいですよね。
このような悲しい思いをしないためにも対処方法を知る必要があります。
そこで今回は、埋設物のトラブル対処方法をご紹介します。

□土地取引における埋設物のトラブルとは?

住宅やマンションの工事中に、私有地である土の中からゴミや地中埋設物が見つかることがあるでしょう。
他にも地中からガラスや投機の破片、大きな木、石炭、大量のビニールが見つかっています。
過去に開発施設や工場などのあった場所はこのようなものが多くあるかもしれません。

土の中で見つかるゴミの量が少ない場合、処理費用を少額で抑えるのであれば当事者間で解決できるでしょう。
しかし、多量のゴミを発見してしまった場合は、多額の処理費用が必要になるでしょう。
このような事態になると、当事者間での解決が困難になり、費用をどちらが払うかで問題になる場合があります。

このように処理費用が多くなることにより、契約解除をする点を巡りトラブルが生まれる可能性が出てくるでしょう。

□埋設物が瑕疵担保責任に問われる場合とは?

土地を購入したけど、売り手から受け取った土地の地中からたくさんゴミが出てきたら悲しいですよね。
地中にゴミがあると知っておきながら、このことを報告せずに土地を売買することは瑕疵担保責任が問われます。

*瑕疵担保責任

瑕疵とは欠陥や不具合のことで、取引する際に見ただけでは見つけることが困難な欠陥や不具合を指します。
もしこのような責任に問われると、買い手の方からゴミの処理費用を請求されることもあるため注意しましょう。

売り手が宅兼業者で買い手がそうでない場合、民法で定められている規定によると知った1年以内の責任を負う必要があります。
しかし、この場合に売り手が非常に不利なことから、引き渡し後2年以上を最低条件として新しく設定されました。
このように宅建業法で期限を定められています。

今では、瑕疵担保責任は廃止されて契約不適合者に変更になりました。
この概要においては、売り手が異なった契約を結んだ場合、契約不適合となるため売り手の責任が大きくなるでしょう。
そのため、売り手の方は大きな責任に注意することが必要です。

□まとめ

今回は、埋設物のトラブル対処方法をご紹介しました。
購入した土地の地中からたくさんのゴミを見つけてしまった場合、しっかりと対処することが必要でしょう。
もし購入した土地からゴミを見つけた際にはこの記事の内容を参考にしていただけると幸いです。
≪ 前へ|擁壁付きの土地を購入することについて!福井市の業者が解説します   記事一覧   福井市の土地を購入する際のお悩みを解決!土壌汚染の対策|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る