ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の土地を購入する際のお悩みを解決!土壌汚染の対策

福井市の土地を購入する際のお悩みを解決!土壌汚染の対策

≪ 前へ|福井市の土地を購入する際の埋設物とは?対処方法について解説します   記事一覧   福井市の土地購入をお考えの方へ!土地における電柱について解説します|次へ ≫

福井市の土地を購入する際のお悩みを解決!土壌汚染の対策

みなさん、土壌汚染調査とはご存知ですか。
この調査は土地を購入する際に、欠かせない調査でしょう。
しかし、この調査はなぜ必要なのか、購入する際に気を付けるポイントとは何かをご存知ない方もいらっしゃいますよね。
そこで今回、当社が土壌汚染とは、その対策についてご紹介します。

□土壌汚染調査とは?

この調査は汚染状況による手続き方法、汚染区域の指定、汚染を搬出する方法や対策をまとめた法律により規定されているものです。
この調査の必要性はあるのでしょうか。

*必要性

「汚染されている土地を購入してしまった。」や「汚染箇所が土地から見つかり計画が後ろ倒しになった。」ということが土地を購入後に分かってしまうことはすごく悲しいですよね。

土地の汚染を発見すると、売主に契約の取り消しや処理費用を請求するケースがあります。
しかし、その要求を売り手が承認しない場合、法的処置をとるために裁判になることも考えられるでしょう。
また、売り手もこのような問題を起こすと社会的な信用を失う可能性が出てくるでしょう。
そのため、リスクマネジメントを考えてしっかりと調査しましょう。
揉め事を起こさないためにも、土地の売買の事前に土壌汚染調査を行う必要があるでしょう。

□土壌調査は誰が行うの?

土地を購入することによる土壌汚染のトラブルの回避方法として土壌汚染調査をする必要があることを先ほど説明しました。
この事前の調査がトラブル回避になりますが、調査をするのにも負担がかからないわけではありません。
では、誰がこの調査を行うのでしょうか。
この調査を誰が行うかは、土壌汚染対策法に基づき、義務があるかないかで状況が変化します。

*義務がある場合

特設施設を廃止する場合や知事が「土壌汚染の恐れがある」と判断した場合、調査義務があると言えるでしょう。
原則としては、汚染した本人が負担を負うことになります。
しかし、汚染した本人の行方がわからない場合は、土地の購入者に負担がかかるでしょう。

*義務がない場合

この場合は、汚染調査をする費用の負担は、当事者間で交渉して決めることになるでしょう。
もし、負担してもらえない場合はご自身で行うしかありません。
その際には業者にお願いしましょう。
業者を選ぶ際には、「指定調査機関」や「法対応や実績をしっかり持っているか」「資格者数が多いか」という点に注意しながら業者を選択しましょう。
また、見積もりに必要な情報、費用の目安をしっかり確認することが必要です。

□まとめ

今回は、当社が土壌汚染とは何かとその対策についてご紹介しました。
土地購入後に後悔しないためにも土壌調査は事前に行う必要があるでしょう。
また、土地を購入する際には、今回説明した購入する際のポイントを参考にしてみてください。
もし、土地を購入することをお考えの方は、この記事の内容を参考にしていただけると幸いです。
≪ 前へ|福井市の土地を購入する際の埋設物とは?対処方法について解説します   記事一覧   福井市の土地購入をお考えの方へ!土地における電柱について解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る