ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市のお住まいで後悔したくない方へ!土地購入の固定資産税について教えます

福井市のお住まいで後悔したくない方へ!土地購入の固定資産税について教えます

≪ 前へ|福井市の土地購入をお考えの方へ!土地における電柱について解説します   記事一覧   福井市の土地の購入をお考えの方へ!土地購入の進め方について|次へ ≫

福井市のお住まいで後悔したくない方へ!土地購入の固定資産税について教えます

家づくりをお考えの方で、固定資産税に関してお悩みの方は多いのではないでしょうか。
住宅に関してはなじみ深い単語ですが、その時期や手続きは複雑な点があるのも事実です。
そこで本記事では、土地の購入に際して必ずといっていいほど頻出するこの言葉について解説します。


□土地の固定資産税とは

本記事をご覧になっている方の中には、そもそも固定資産税の仕組みについてよく知らないという方も多いのではないでしょうか。
毎年、固定資産税が土地を所有している場合にかかるのはご存知かと思います。
加えて、都市計画税が市街地の場合は多くの不動産に課税されます。

固定資産税の算出方法について具体的に説明します。
初めに固定資産税評価額を明らかにしましょう。
納税通知書の課税明細書を参照するほか、市区町村役場で「固定資産税評価証明書」を取得するといった方法で確認できます。
もしそれが困難であれば、おおよそ土地の時価の7割ほどだと考えておきましょう。
しかし、新築住宅の場合や長期優良住宅といった条件で変動するので必ず正しいわけではありません。

その次は、課税標準額の算出の段階に移ります。
こちらは基準として、上記で計算した固定資産税評価額を用いて、税金の軽減を考慮して算出され、市町村によって異なります。
そして最後に、課税標準額に税率をかけた数字を導き出し、それが固定資産税となるのです。
税率は基本的には、固定資産税1.4パーセント、都市計画税が0.3パーセントとなりますが、市町村によっては都市計画税が0.25パーセントになる場合もあり、要注意です。


□固定資産税の納税時期について解説

次に、固定資産税はいつ納めるのかについて解説します。
固定資産税の納税義務者は、1月1日にその土地および建物を所有している人です。
登記簿に名前がある方に支払いの義務があるので注意しましょう。
要するに1月2日に購入するとその年の固定資産税は0円なのですが、固定資産税を1日あたりで割った金額を上乗せしていくのが実際の売買では慣例になっています。
そのため、元旦ではなく、購入したその日から固定資産税を払うものと覚えておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は固定資産税の仕組みについて解説しました。
算出には複雑な過程が含まれるため、お住いの市町村に事前に必要事項の確認を行うことをおすすめします。
何かご不明な点がございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
今回の記事が、固定資産税に疑問をお持ちの方の参考になれば幸いです。
≪ 前へ|福井市の土地購入をお考えの方へ!土地における電柱について解説します   記事一覧   福井市の土地の購入をお考えの方へ!土地購入の進め方について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る