ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市の土地購入をお考えの方へ!隣地境界について教えます

福井市の土地購入をお考えの方へ!隣地境界について教えます

≪ 前へ|土地購入でお悩みの方へ!土地購入にかかる期間について福井市の業者が教えます   記事一覧   福井市で土地を購入したい!難しい区画整理地の土地について解説|次へ ≫

福井市の土地購入をお考えの方へ!隣地境界について教えます

土地の購入をお考えの方で、境界線の線引きについてお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、土地の区画を決定するための「隣地境界」という言葉の意味について解説します。


□隣地境界の概要について

この記事をご覧になっている方の中には、そもそも隣地境界線という単語を聞きなれていない方も多いのではないでしょうか。
隣地境界とは、排他的な所有権の範囲を示すものです。
一戸建ての場合の隣地境界線はどのようになるでしょうか。
判別する対象が単なる「建物」であれば、誰の所有物かは一目瞭然ですが、土地の場合はどこからどこまでが誰のものなのか判別しづらいですよね。
建物を建ててしまった後で、土地の所有権問題が発覚してはどうしようもありません。

そういった事態を避けるため、「売主は不動産の引き渡しまでに、買主に対し境界線と境界点を明示しなければならない。」と不動産売買契約書に記載されています。
つまり、土地を売る前に売主は土地の所有権が及ぶ範囲を明確にした上で、買主の承諾を得る必要があるという事です。


□境界に関する測量図の種類について

売買契約の前に重要なのは、土地の範囲を示す証拠となる測量図の所在です。
測量図には隣地所有者の境界承諾印のある境界承諾書付きの「確定測量図」、法務局に登録された「地積測量図」、そして売主が自分の敷地と思っている部分を勝手に測量した「現況測量図」の3種類があります。
3種類の内、注意が必要なのが現況測量図で、敷地の範囲に隣地の許可が含まれていない場合があります。
この場合、契約前に境界点と境界線を実際に明確にしておく必要があるでしょう。
安心感で言えば地積測量図は、法務局が境界承諾書に基づいた測量図を使って登録するのでおすすめです。
しかし、この根拠及び証拠力は作成された時期により変動するので要注意です。

土地や土地付きの一戸建て住宅の購入の際には、測量図だけで安心できるわけではありません。
土地は建物と違って、後から簡単に調整できるものではないのです。
土地はご近所との繋がりにも大きく関係してくる重要な要素なので、トラブルを避けるためにも、入念な確認をおすすめします。


□まとめ

今回は土地の購入に際しての隣地境界や、その測量図について解説しました。
土地の所有権は複雑かつデリケートな側面を持っているため、細心の注意を払うことが肝心です。
今回の記事が、土地の境界線でお悩みの方の参考になれば幸いです。
≪ 前へ|土地購入でお悩みの方へ!土地購入にかかる期間について福井市の業者が教えます   記事一覧   福井市で土地を購入したい!難しい区画整理地の土地について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る