ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 未成年で土地購入は可能?福井市の業者が解説します

未成年で土地購入は可能?福井市の業者が解説します

≪ 前へ|福井市で土地の購入をお考えの方へ!業者選びのポイントについて教えます   記事一覧   登記の流れが不安!福井市の業者が不動産購入の際の疑問を解消します|次へ ≫

未成年で土地購入は可能?福井市の業者が解説します

未成年者が土地を購入する事例は珍しいですが、どう法律で定められているかご存知でしょうか。
実際は法的に認められていますが、成年者同士の契約とは異なる規定があります。
この記事では、福井市にお住まいの方に向けて、未成年者が不動産売買を行う手続きとその注意点について解説します。
 

□未成年者が不動産を売買する方法とは?
 
未成年者が不動産売買をするには、以下の2通りの方法があります。
・親権者が売買に同意する
・親権者が法定代理人となって手続きをする
これは、未成年者は単独で法律行為ができないからです。
 
そのため、手続きとしては2つあります。
・未成年者が署名を行い、親権者も法定代理人の同意人として連署をする
・未成年者本人の名前を署名した上で、親権者が法定代理人として記名や捺印を行う
 
売買の結果、子どもに帰属した法律の効力を発揮するために登記を用意しましょう。
登記の手続きは、通常の書類に加えて、親子関係を示すための戸籍謄本も必要です。
これにより、親権者の行為が法定代理人として認められます。
 
また特例で、未成年者とその親の間での不動産売買を知っておきましょう。
この場合、利益相反取引となり、家庭裁判所で特別代理人を選任する手続きが必要です。
利益相反取引に該当しないのは、親権者と子どもが共同で売買をする場合や、親から子へ負担のない贈与をするケースです。
 

□不動産購入の資金を出してもらうと贈与税がかかることに注意!
 
土地を購入するためには莫大な資金が必要ですよね。
そこで本来の取引金額にさらに上乗せされて、契約の手続きが滞るといった事態も考えられます。
ここでは、未成年者が不動産売買をする際の資金面における注意点をご紹介します。
 
まず、不動産購入の資金を他の人に出してもらった場合、その不動産に贈与税がかかることです。
これを知らずに契約を済ませてしまうと、思わぬ出費に対応しかねるという事態になりかねません。
 
もう一つは不動産の取得の際には、税務署から送られる、資金の出所を問う文書に回答する必要があることです。
資金の出所は信用度の高いものにする必要があることを理解しておきましょう。

 
□まとめ
 
未成年者の土地購入における手続きや、その注意点をご紹介しました。
未成年者が関わる不動産契約には成年者同士の契約とは異なる点があるということを押さえ、トラブルの発生を防ぎましょう。
贈与税がかかってくることにも注意が必要です。
土地購入において、この記事を参考にしていただければ幸いです。
≪ 前へ|福井市で土地の購入をお考えの方へ!業者選びのポイントについて教えます   記事一覧   登記の流れが不安!福井市の業者が不動産購入の際の疑問を解消します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る