ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 登記の流れが不安!福井市の業者が不動産購入の際の疑問を解消します

登記の流れが不安!福井市の業者が不動産購入の際の疑問を解消します

≪ 前へ|未成年で土地購入は可能?福井市の業者が解説します   記事一覧   福井市にお住まいの後悔したくない方へ!不動産購入の申込書の効力について教えます|次へ ≫

登記の流れが不安!福井市の業者が不動産購入の際の疑問を解消します

不動産の購入をご検討されている方はいらっしゃいませんか。
その中で、登記の流れについて不安要素を抱えていらっしゃる方も多いでしょう。
今回、不動産登記の内容や流れについてご紹介します。
不動産購入で不安要素が多い方はぜひ参考にされてはいかがでしょうか。

□不動産登記とは

皆さんは、不動産時をご存じですか。
言葉を耳にしたことはあっても、しっかりと意味まで説明できる方は少ないでしょう。
まずは、不動産登記の意味について見ていきましょう。

登記とは、住まいがご自身の所有物であることを示す目的があります。
土地や建物を購入すれば当然ご自身で占有したいでしょう。
その際に、第三者にご自身で不動産を所有していることを証明する必要があります。
購入や譲渡を行った際には、必ず登記の変更を行いましょう。

また、登記には所有権等の権利を表す「権利部」と広さや場所を表す「表題部」が存在します。
権利の中には、地上権や抵当権、借地権等が含まれます。
表題部には、住所や所在、床面積、地積等お住まいについてのさまざまな情報が登記されます。
内容が気になった方は、法務局で確認できるため法務局にてご確認ください。

□不動産登記を変更するタイミングと流れ

不動産登記の意味は、ご理解していただけたでしょうか。
次に、実際に不動産登記の流れとタイミングについてお話しします。

土地や建物の売買をする際、代金の引き渡しを同時に行う必要があります。
先に代金を支払ったにも関わらず、引き渡されないまま売主がいなくなるなどのトラブルを避けるため、同時に進めることが暗黙の了解です。
しかし、登記の手続きには十分な時間を要するうえ、不動産購入の際に一括で料金を支払う方はまれでしょう。
そこで、住宅ローンを使用する方は融資の際に売主から所有権移転登記を行ってもらう必要があります。

このような変更登記を行う方は、司法書士に任せることが一般的です。
不明な点が多い方は、ぜひ専門家である司法書士に依頼しましょう。
残金の支払いの際に、司法書士から権利証や印鑑証明書等の書類が売主から司法書士に渡されたことを確認した後、残金を支払うことを頭に入れておいてください。

□まとめ

今回、登記についてや登記の流れとタイミングについて解説しました。
不動産購入の際の疑問は解消されたでしょうか。
登記の手続きには、時間がかかるため不動産を購入後には登記を行いましょう。
不動産購入でお悩みの方は、ぜひ福井市の不動産である当社にお任せください。
≪ 前へ|未成年で土地購入は可能?福井市の業者が解説します   記事一覧   福井市にお住まいの後悔したくない方へ!不動産購入の申込書の効力について教えます|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る