ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅を購入する際の連帯保証人とは?福井市の不動産会社が解説

中古住宅を購入する際の連帯保証人とは?福井市の不動産会社が解説

≪ 前へ|福井市で不動産の購入をお考えの方へ!測量の流れについて紹介!   記事一覧   不動産を購入する方へ!福井市の業者がおすすめの時期について教えます!|次へ ≫

中古住宅を購入する際の連帯保証人とは?福井市の不動産会社が解説

福井市にお住みの方で住宅ローンを借りる際に連帯保証人を誰に頼もうか悩んでいる方はいらっしゃいませんか。 
そもそも連帯保証人制度とはどういう制度なのでしょう。 
なんとなくは知っているが、きちんとその意味を理解していない方もいるのではないでしょうか。 
今回は、連帯保証人制度についてお話しします。

□住宅ローンを借りる際に連帯保証人は必要なのか 

一般的に住宅ローンを借りる場合、連帯保証人は必要としない場合が多いです。 
ただし、審査結果によっては連帯保証人や連帯債務者を求められることがあるため、これらが不必要だと一様に決めてかかると、予期せぬ事態に対応できなくなるでしょう。 
もし、審査結果によってそれらを要求された際に保証人となってくれる相手を見つけられなければ、売買契約を解除する必要に迫られることがあります。 

では、連帯保証人を求められる可能性のある申込者の条件とは何があるのでしょう。 
これから、連帯保証人を必要とされる可能性のある例をご紹介します。 

1つ目は、夫婦や親族の収入を申込者の収入を合計してローンを借りようとする方法です。 

この場合、収入を合わせた相手は合算者を保証する必要があります。 

2つ目は、共有名義の土地や建物を審査して借り入れる方法です。 

この場合、土地や建物の共有者が対象に当たるでしょう。 

3つ目に、ペアローンでローンを借り入れる方法です。 

これは、一緒に住んでいる親族とそれぞれが主たる債務者となってローンを組むというものです。 

この方法を利用した場合、それぞれが相手を保証する必要があります。 

つまり、借入額をきちんと支払える能力のある人が、単独名義で住宅を購入してローンを組めば原則として連帯保証人は必要ないということになるのですね。 

□どうやって連帯保証人を選ぶのか

保証人の選び方は借り入れの方法によって相手が変わります。 
収入合算をしてローンを借り入れる際は、その相手ということになります。 
共有名義のもので借り入れようとする場合は、相方に保証人を頼む必要があります。 
多くの場合は、身内に依頼するので、金銭トラブルが起きないようにローンの返済はきちんとした方が良いでしょう。 

また、保証人が必要ない場合でも、金融機関によっては信用保証会社の保証を受ける必要があるため注意が必要です。 

その場合は、金融機関が指定する会社を利用しましょう。

□まとめ 

この制度は少し複雑に見えるかもしれません。 
しかし、仕組みをしっかりと抑えることで審査の際の不安を払拭することができるでしょう。
福井市で住宅ローンについてお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。
≪ 前へ|福井市で不動産の購入をお考えの方へ!測量の流れについて紹介!   記事一覧   不動産を購入する方へ!福井市の業者がおすすめの時期について教えます!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る