ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅を購入する際のトラブルの事例を解説します

中古住宅を購入する際のトラブルの事例を解説します

≪ 前へ|土地の購入を検討中の方へ!現地でのチェックポイントについて教えます!   記事一覧   福井市の業者が解説!土地を購入する際の流れと注意点を紹介します|次へ ≫

中古住宅を購入する際のトラブルの事例を解説します


中古住宅を購入しようと検討中の方はいらっしゃると思います。
しかし、いざ購入しようとした際に何らかのトラブルに巻き込まれる恐れもあるでしょう。
住宅の購入という大きな買い物でトラブルに巻き込まれたくないですよね。
今回は、中古住宅を購入する際に起こったトラブルの事例について解説していきます。

□中古住宅を購入した後に起こるトラブルとは

中古住宅を購入した後にどのようなトラブルが起こっているのでしょうか。
よくあるトラブルを見ていきましょう。

まずシロアリの被害が挙げられます。
新築であれば、基本的にシロアリ対策が施されていますが、建ってから長い時間が経つ中古住宅では対策の効果がほとんどなくなっているでしょう。
木造建築では、シロアリによってボロボロになっていることもあります。

次に雨漏りです。
雨漏りは主に屋根裏で起こるため、気付きにくいと言えます。
そのため、放置してしまうことも考えられますが、長い時間放置すると腐食が進み、住宅全体の劣化に繋がりかねません。

次に、排水管の故障もあります。
実際に住み始めてから不快な匂いがする場合は、排水管からの水漏れが起こっている可能性があるでしょう。
メンテナンスが大規模になると、その分費用もかさむため、購入前に発見しておきたいところですよね。

自然災害による浸水も考えられます。
地域によっては予測不能な大雨に見舞われ、中古住宅が浸水してしまう恐れもあります。
あらかじめハザードマップを確認しておくと良いでしょう。

紹介したトラブルは未然に気付くことが困難な場合もあると思います。
購入する際は住宅のコンディションを売主から詳しく聞いておくと良いでしょう。

□トラブルを発見した際は

それでは、いざトラブルを見つけた際にするべきことを紹介します。

トラブルを発見した際は記録を残しておくことが大切です。
具体的にはトラブルの詳細な状況や日付などについて残しておくと良いでしょう。
スマホで写真や動画に収めておくと、後々説明しやすくなるため、おすすめです。

ポイントとしては、写真を撮ったその日に不動産会社に報告することです。
時間が経つと状況が変化する恐れがあるからです。
相談することを躊躇したり、とりあえず様子を見ようとして放置したりして、保証期間を過ぎてしまわないように気を付けてください。

□まとめ

今回は、中古住宅を購入しようと検討している方に向けて、購入する際に起こったトラブルの事例について紹介しました。
紹介したトラブルに巻き込まれないように準備して中古住宅を購入しましょう。
当社はお客様の物件探しをお手伝いさせていただくため、トラブルに関して不安がある方もお気軽にご相談ください。
≪ 前へ|土地の購入を検討中の方へ!現地でのチェックポイントについて教えます!   記事一覧   福井市の業者が解説!土地を購入する際の流れと注意点を紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る