ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建ての購入を検討している方へ共同名義のメリットとデメリットを紹介!

一戸建ての購入を検討している方へ共同名義のメリットとデメリットを紹介!

≪ 前へ|福井市で中古住宅を購入したい方へ!物件の探し方とコツを紹介   記事一覧   福井市の業者が解説!一戸建てを購入したい方へ決め手について紹介!|次へ ≫

一戸建ての購入を検討している方へ共同名義のメリットとデメリットを紹介!

「一戸建て住宅を購入する際に、共同名義という言葉を聞いたが、よく分からない」
このような方もいらっしゃると思います。
不動産の名義の登記法には、単独と共同があることをご存じでしたか。
今回は一戸建て住宅の購入をお考えの方に、共同名義に関してのメリットとデメリットについてご紹介します。

□単独名義と共同名義とは

一戸建て住宅を含む不動産購入時の名義の登記方法には、単独名義または共同名義の2種類があります。
単独名義は購入した本人の名義を1人だけで登記する方法であり、一方で共同名義は夫婦や兄弟など共同で不動産に出資をし、その持ち分に応じて登記する方法です。
具体例として、夫婦で3000万円の不動産を購入した際に、夫が1500万円、妻が1500万円ずつ払った場合、互いに2分の1の持ち分での共同名義とします。

□共同名義のメリットとデメリットとは

共同名義には、メリットとデメリットが存在します。
夫婦の環境や、家族の事情によって、単独名義か共同名義のどちらにするかよく考えてから決めることをおすすめします。
それでは、共同名義のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

*共同名義のメリット

1つ目のメリットは、住宅ローン控除を夫と妻の両方に適用できる点です。
夫婦が共働きの場合、住宅ローン残高の1パーセントを10年間、所得税か住民税から減税する住宅ローンの控除を二重で受けられるため、単独名義よりも高額な税金を控除できます。

2つ目のメリットは、節税が可能な点です。
共同名義にしている場合、相続と売却の際に節税が期待できるでしょう。
不動産を相続する際には、不動産の評価額に相続税が発生しますが、共同名義の場合は、相続する人の持ち分のみに税金が発生するため、節税に繋がります。
不動産売却時にも税金が発生しますが、その税金への控除を二重で受けられる点も、大きなメリットでしょう。

*共同名義のデメリット

共同名義のデメリットは、売却において不動産に関する管理が難しくなる点です。
共同名義の場合、共同出資者全員の同意が無ければ、売却や改築ができないため、売りたいタイミングを逃してしまうケースがあります。
例えば、夫婦が離婚する際にどちらかが拒否した場合には、家の売却が簡単にはできなくなるでしょう。

また、相続する際に相続人が複数いる場合は、2人3人と所有者が増えてしまいます。
したがって、足並みが揃わず、不動産の管理がさらに難しくなってしまうでしょう。

□まとめ

今回は共同名義に関してのメリットとデメリットについてご紹介しました。
まとめると、メリットは節税が可能になる点であり、デメリットは管理の難しさに繋がる点です。
お客様の事情に合わせて判断してください。
もし、不動産についてご不明な点がありましたら、当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|福井市で中古住宅を購入したい方へ!物件の探し方とコツを紹介   記事一覧   福井市の業者が解説!一戸建てを購入したい方へ決め手について紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る