ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建ての購入をお考えの方必見!抵当権とは何か解説します

一戸建ての購入をお考えの方必見!抵当権とは何か解説します

≪ 前へ|中古住宅を購入後にリフォームするメリットについて紹介します   記事一覧   福井市で土地を購入したい方へ!立地におけるチェックポイントとは?|次へ ≫

一戸建ての購入をお考えの方必見!抵当権とは何か解説します

一戸建ての購入を検討している方の中で、抵当権とは何かご存じですか。
言葉自体を耳にしたことはあっても、どのような権利である説明できる方は少ないでしょう。
しかし、一戸建てを購入する方は、抵当権について理解しておく必要があります。

そこで今回は、抵当権とはどのような権利かを説明します。
ぜひご覧ください。

□抵当権とは

抵当権とは、何でしょうか。
不動産会社の当社が、分かりやすく解説します。

一戸建てを購入する際は、住宅ローンの契約を結ぶ方が多いでしょう。
その際、ほとんどの場合は金融機関から抵当権の設定が求められます。
抵当権とは、銀行が債務者に住宅ローンの借り入れをする際に発生します。

万が一、債務者の返済が滞った場合は金融機関が抵当権者になります。
そして、不動産を担保に取るでしょう。

抵当権を設定する目的は、債務者が返済を滞納した際に備えて、事前に不動産を担保にとっておくことです。
もし、ローンの返済ができなくなれば、不動産の差し押さえが行われます。
この状態が3ヶ月続いた場合、督促状(とくそくじょう)が届き、半年以上経過すると抵当権によって物件は差し押さえられるでしょう。

□抵当権がついたままの家を購入する際は注意が必要

上記では抵当権とは何かについて説明しました。
住宅ローンの支払いを滞納すると、不動産が差し押さえられる可能性があることがお分かりいただけたと思います。
また、抵当権がついたままの家を購入することは注意が必要です。
その理由を見ていきましょう。

抵当権が残っている状態でも不動産の売買はできます。
中古物件の場合、前に住んでいた住民が住宅ローンを滞納している可能性があり、そのまま売られている可能性もあります。
そのため、前の所有者の住宅ローンの滞納により住居が売却される恐れがあります。

不動産を購入する際は、不動産の仲介会社を挟んで契約を進めていくことが一般的でしょう。
仲介会社が物件を調査する際に、抵当権が設定されているか、いつ解消されるかは確認しているはずです。
しかし、抵当権の解消を行う条件で取引を進めていても、約束通りに解消されていないケースがあります。

このような場合は、不動産売買に関するルール上、契約は白紙になります。
重要事項説明書に「抵当権抹消が行われていなかった場合は、契約が白紙になる」という旨が記載されているかどうかを確認しておきましょう。

□まとめ

不動産を購入する際に、住宅ローンを金融機関から借りる方がほとんどでしょう。
その際に、発生する抵当権ですが、抵当権がついたままの物件はリスクがあります。
中古物件を購入する際には、必ず確認しましょう。
住宅の購入に関するお悩みがある方は、ぜひ当社にご相談ください。
≪ 前へ|中古住宅を購入後にリフォームするメリットについて紹介します   記事一覧   福井市で土地を購入したい方へ!立地におけるチェックポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る