ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 福井市で中古住宅購入を検討中の方へ!築年数の狙い目とは?

福井市で中古住宅購入を検討中の方へ!築年数の狙い目とは?

≪ 前へ|中古住宅を購入後のリフォームで人気の場所とは?   記事一覧   福井市で中古住宅を購入したい方へ!アスベストについて紹介!|次へ ≫

福井市で中古住宅購入を検討中の方へ!築年数の狙い目とは?

「中古住宅を購入したいけれど、どのくらいの築年数が狙い目だろうか。」
このように疑問を持っている方はいませんか。
築年数は物件を購入するときに大切な要素です。
そこで今回は、狙い目の築年数と、物件を選ぶときの注意点について紹介します。

□狙い目の築年数について

狙い目の築年数は物件を購入する人が何を重視するかによって違います。
ここでは、2タイプに分けて紹介します。

*堅実路線の場合について

堅実路線の場合、築15年が目安です。
建物査定価格が約3分の1程度とお値打ち価格になります。
しかし、築15年の物件は外壁や屋根塗装などの工事が必要な時期です。
外壁や屋根塗装などの工事が以前にされていない場合、その費用も資金計画に組み込みましょう。

また、築20年以下の物件であるため、住宅ローン控除の利用ができることも知っておきましょう。
これは、購入後10年間は、年末借入残高の1パーセントの税金控除を受けられる制度です。
築15年の中古物件を購入する方は是非利用しましょう。

*価格重視の場合について

価格重視の場合、築25〜30年程度が目安です。
一般的に築22年を過ぎた建物は査定価格が0円になります。
つまり、土地費用だけで中古物件を購入できます。
そのため、価格重視の方は築25〜30年程度を目安に購入すると良いでしょう。

ただし、「リフォーム費用にどのくらい必要か」については事前に把握する必要があります。
何かしらの不具合が出ている可能性が高いので、場合によっては高額な修繕費用が発生します。
細かい数値は出さなくても良いですが、大まかな費用を算出してから購入しましょう。

□注意点について

続いては、物件を選ぶときの注意点を2つ紹介します。

1つ目は、シロアリ被害がないかです。
主要な構造部分に問題がある場合、内装のリフォームだけでは対応できません。
そのときは大規模な改造や建て替えが必要になります。
調べ方としては、実際に床の上を歩き、「傾きがないか」「不安定な堅さの部分がないか」を確認しましょう。

2つ目は、雨漏り被害がないかです。
雨漏りの被害は軽いものから深刻なものまであります。
深刻な場合は屋根を全て替える必要があります。
住んでみてから後悔しないように、物件を選ぶときに注意しましょう。

□まとめ

今回は、中古物件を購入するときの狙い目の年数と、物件を選ぶときの注意点について紹介しました。
狙い目の築年数は人によって変わります。
今回は2つ紹介しましたが、それぞれでメリットや注意点が異なります。
自分が何を重視するのか最初に決めてから、物件探しを行いましょう。

≪ 前へ|中古住宅を購入後のリフォームで人気の場所とは?   記事一覧   福井市で中古住宅を購入したい方へ!アスベストについて紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る