ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建て購入を検討中の方へ購入後のトラブルについて解説!

一戸建て購入を検討中の方へ購入後のトラブルについて解説!

≪ 前へ|福井市で中古住宅を購入したい方へ!アスベストについて紹介!   記事一覧   中古住宅購入をお考えですか?契約不適合責任を紹介!|次へ ≫

一戸建て購入を検討中の方へ購入後のトラブルについて解説!

一戸建てを購入しようと考えている方はいませんか。
検討している方の多くは、初めての購入でしょう。
一戸建ての購入において、購入後にトラブルに発展することが珍しくありません。
そこで今回は、よくあるトラブル事例と対応について紹介します。

□トラブル事例について

まず初めに、トラブル事例を4つ紹介します。

1つ目は、付帯設備の故障です。
付帯設備とは、給湯設備や水回りの設備など、建物に付随している設備を指します。

「瑕疵担保責任」の対象に付帯設備が含まれないことが多く、自分で対処する必要があるため注意しましょう。
瑕疵担保責任とは、売却後の物件に欠陥が見つかったときに売主が対応する責任のことです。
初期不良に対応してもらえるように契約を結ぶのも良いでしょう。

2つ目は、シロアリ・雨漏り被害です。
シロアリや雨漏りは家の主要構造部分を壊す可能性があり、その場合の修繕費用は高額になります。
また、目視で確認しづらいことからも、最初に気づかずにトラブルに発展しやすいです。
これまでにどのような工事をしたのか、契約時に確認しましょう。

3つ目は、隣地との境界トラブルです。
新しく宅地分譲された土地の場合はきちんと測量されていることが多いですが、古くからある土地の場合は曖昧なケースがあります。
境界が曖昧の場合、私有地に入った・入っていない、といったトラブルが起こりやすいです。
確定測量をしたり、隣地とのトラブルが発生したときには無条件で解約できる条件を契約書につけたりしてトラブルを防ぎましょう。

4つ目は、給排水管のトラブルです。
築年数が相当経過している場合、配管自体が傷んでいる可能性があります。
毎日のように使用するため、水漏れの可能性を水道局から指摘されていないか、売主に確認しましょう。

□対応について

続いては、トラブルが起こったときの対応について紹介します。

対応として最優先に行うことは契約書の確認です。
契約書の記載内容が最も優先されるため、確認する必要があります。

また、先ほども紹介した瑕疵担保責任についても確認しましょう。
仮にトラブルが瑕疵に該当していた場合、代金の請求ができたり、あまりにひどい場合は契約を解除できたりします。
ただし、瑕疵担保責任には期間があります。
その期間を守って瑕疵について報告しましょう。

□まとめ

今回は、一戸建てを購入した後に発生するトラブル事例と対応について紹介しました。
ここで紹介したトラブル以外にもいくつかトラブルがありますが、まずは今回紹介した4つのトラブルには注意しましょう。
事前に適切な対応を取ることで防げる場合も多いので、慎重に進めましょう。

≪ 前へ|福井市で中古住宅を購入したい方へ!アスベストについて紹介!   記事一覧   中古住宅購入をお考えですか?契約不適合責任を紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る