ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地の購入を検討中ですか?用水路がある場合はどうしたらいい?

土地の購入を検討中ですか?用水路がある場合はどうしたらいい?

≪ 前へ|福井市で土地を購入したい方へ!草刈りはどうしたら良い?   記事一覧   中古の一戸建ての購入を検討中の方へ!クリーニングについて紹介!|次へ ≫

土地の購入を検討中ですか?用水路がある場合はどうしたらいい?

土地の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
土地の周辺環境にはさまざまなものがありますが、付近に用水路があることは少なくありません。
用水路がある場合、どのように土地の検討を進めていけば良いのでしょうか。
今回は、用水路に接している土地について解説していきます。

□用水路に接している土地を検討する段取りを紹介

用水路に接している土地を検討する場合、特別な段取りがあります。
土地の周りに用水路がある場合や公図で道路と土地の間に「水」という記載がある場合、事前に調査及び確認をする必要があります。

水路が建築基準法の道路に該当する、接道義務を満たすかによって、建築できるかどうかが変わるため注意して下さい。
接道義務とは、土地に建物を建てる場合、道路に2m以上接する必要があるという義務のことです。

水路は行政の管轄になっていることが一般的で、建築基準法上の道路に含まれないと判断されると、土地の上にある建物は未接道となります。

土地と道路の間に水路が存在する場合、その間に橋を架けましょう。
そうすることで、接道義務を満たせます。
ただし、許可を得ずに橋を架けると問題が発生する可能性があるので、注意して下さい。

□用水路は間口に影響する可能性がある

用水路がある場合、間口についても考える必要があります。
間口とは、土地や建物を正面から見た幅を指します。
一戸建ての場合は道路に面した側を言います。
この間口が上述の接道義務を満たさなければ、土地の上に住宅を建てられません。

それでは、道路と土地の間に水路がある場合の間口はどうなるのでしょうか。
この場合、間口は土地の幅を測定するのではなく、土地と道路に架けられた橋の幅を測定します。

また、水路を占有する場合は、水路管理者に対して水路占用許可をもらいましょう。
水路だと思っていても、道路の一部に含まれる場合もあるため、道路管理者に確認して下さい。

このように、土地周りに水路がある場合、購入を慎重に検討する必要があります。
購入した土地の上に住宅を建てようとお考えの方は、特に注意して下さい。

□まとめ

ここまで、用水路に接している土地を検討する段取りと間口に関する注意点を解説しました。
用水路が土地の周りにある場合、土地の検討はより慎重に行う必要があります。
当社は、土地や不動産の購入を検討されている方の相談を随時受付中です。
ご不明点等ございましたら、気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|福井市で土地を購入したい方へ!草刈りはどうしたら良い?   記事一覧   中古の一戸建ての購入を検討中の方へ!クリーニングについて紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る