ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地購入を検討中の方に向けて購入にかかる費用の内訳を解説!

土地購入を検討中の方に向けて購入にかかる費用の内訳を解説!

≪ 前へ|福井市在住の方へ!土地購入の関する必要書類を解説します!   記事一覧   中古住宅を購入を検討中の方へメリットとデメリットを解説!|次へ ≫

土地購入を検討中の方に向けて購入にかかる費用の内訳を解説!

土地を購入したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
土地の購入にあたって気になるのは費用ですよね。
実際、土地の購入にかかる費用の内訳や税金がわからない方は多いでしょう。
これらを把握しておくことで、資金計画をスムーズに進められます。
今回は、土地購入にかかる費用の内訳と税金について解説します。

□土地購入時にかかる費用について

土地の購入代金以外にかかる諸費用の種類について紹介します。

不動産会社を介して土地を購入する場合、仲介手数料が発生します。
この手数料は売買契約の成功報酬であるため、契約が成立しない場合には支払う必要はありません。
また、不動産会社が所有する土地を直接購入する場合も支払わなくて大丈夫です。

登記費用も土地購入の際に支払う費用です。
登記費用には、司法書士への報酬金と登録免許税があります。
司法書士の手数料は、6〜8万円程度です。

ローンを組んで土地を購入する場合、ローン手数料や抵当権設定の登記費用も必要です。
また、契約書に貼付する印紙代も忘れずに用意しましょう。

□土地購入にかかる税金を紹介

次に、土地購入に関する税金を紹介します。

1つ目は、不動産取得税です。
これは、土地や建物など不動産を取得した際に課せられる税金です。
税額は不動産の価値によって変動し、「課税標準額×4%」で算出されます。
課税標準額とは、原則固定資産税評価額を基準としています。

2つ目は、固定資産税です。
これは、土地や建物などの固定資産を所有する人が納める税金です。
毎年、1月1日時点での所有者が、固定資産が所在している地域の自治体に納付します。
また、固定資産が市街化区域内にある場合、都市計画税も一緒に課税されます。

3つ目は、消費税です。
消費税は、土地の購入代金には課税されませんが、仲介手数料や司法書士への報酬金、ローン手数料には課税されます。

4つ目は、登録免許税です。
この税金は、土地の所有権移転手続きと抵当権設定時に課税されます。

5つ目は、印紙税です。
これは、契約書や領収書などの文書を作成した際に課税される税金です。
土地購入においては、売買契約書やローン借入時の抵当権設定契約書などに貼付します。

□まとめ

今回は、土地購入にかかる費用の内訳と税金について解説しました。
個々の費用の詳細と金額を把握することで、不安なく支払いが行えます。
今回の記事を参考に、余裕を持って資金計画を進めてください。
当社は、福井市を中心に不動産関係のご相談を受け付けております。
お問い合わせお待ちしております。

≪ 前へ|福井市在住の方へ!土地購入の関する必要書類を解説します!   記事一覧   中古住宅を購入を検討中の方へメリットとデメリットを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る