ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅を購入する方へ向けて風水について解説します

中古住宅を購入する方へ向けて風水について解説します

≪ 前へ|土地を購入したい方へ地鎮祭について解説します!   記事一覧   中古住宅の購入を検討している方へ住宅ローン控除について解説します|次へ ≫

中古住宅を購入する方へ向けて風水について解説します

せっかく中古住宅を選ぶなら、運気の良い物件をすがすがしい気持ちで購入したいという方も多いのではないでしょうか。
そのためには、風水で良いとされていることと反対に避けた方が良いとされていることのどちらも知っておきたいですよね。
そこで今回は、中古住宅を購入される方へ向けて風水について解説します。

□玄関における良い風水とは

玄関は気の入り口であるため、家の中でも特に重要な場所とされています。
これからご紹介する内容をもとにより良い風水の玄関を目指しましょう。

良い風水の玄関の特徴として、まず挙げられるのは広い間口で空間に余裕があるという点です。
ただスペースにゆとりのある玄関でないからといって、必ずしも風水的に良くないという事ではありません。
無駄なものを置かず、しっかりと整理整頓を行っていればより良い風水の玄関になるでしょう。

さらに良い気を招き入れるには、明るさも重要なポイントです。
とはいえ現在の日本の住宅事情を考えると、南向きの住宅であっても向かいに建物がある場合はなかなか陽が差し込むことはないですよね。
したがって無理に南向きの住宅を選ばずとも、玄関部分に窓のある物件を探したり、太陽光の代わりに明るめの照明などを設けてみると良いでしょう。

□避けた方が良い悪い風水とは

先程は南向きの住宅にこだわる必要はないことをお話ししましたが、一方で方角に関しては鬼門に注意する必要があります。
まず南西は思わぬトラブルが発生しやすくなるため、避けることがおすすめです。
仕事に関するトラブルを起こしやすくなり、運気の低迷を招く可能性があるでしょう。

さらに悪い物が入ってきやすいとされる北東、いわゆる鬼門も避けることが望ましいとされています。
仕事の運気を下げるだけでなく、判断力の低下や不慮の出来事によって取引や目標が妨げられる恐れがあるため、避けることが賢明ですね。

また先程解説した玄関に関して、その正面にベランダや窓などの出口がないかなどの間取りの確認も重要なポイントです。
もし運気の逃げ道になるような空間があると、その分良い運気も出て行ってしまう可能性が考えられます。
もし既に住宅を購入していて間取りを変更できない場合は、運気の出口の前に観葉植物やカーテンを設けるなど、工夫できると良いでしょう。

□まとめ

今回は、中古住宅を購入される方へ向けて風水について解説しました。
より良い風水の中古住宅で暮らすためには、物件探しの段階だけでなく、入居後にでも行える工夫があります。
ぜひ今回ご紹介した避けた方が良い悪い風水などもご参考に、より良い中古住宅を探されてみてはいかがでしょうか。
≪ 前へ|土地を購入したい方へ地鎮祭について解説します!   記事一覧   中古住宅の購入を検討している方へ住宅ローン控除について解説します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る