ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建てを購入したい方へ!一戸建ての寿命はどれくらい?

一戸建てを購入したい方へ!一戸建ての寿命はどれくらい?

≪ 前へ|一戸建ての購入をご検討中の方へ!道路沿いの一戸建ての購入について解説します   記事一覧   土地を購入したい方へ地鎮祭について解説します!|次へ ≫

一戸建てを購入したい方へ!一戸建ての寿命はどれくらい?

「夢のマイホームを購入したいけど、一体寿命はどれくらいなの」
「中古住宅を購入したら、長く住めなさそう」
このように一戸建てを購入する時、建物の寿命を心配される方も多いですよね。
そこで今回は、一戸建ての寿命と寿命を長くするコツをご紹介します。

□構造別の耐用年数とは

住宅を購入する時に「築~年」というフレーズをよく耳にしますよね。
これらを耐用年数といい、中古住宅の価格を判断するときによく利用されます。
鉄筋コンクリート構造のマンションは47年、木造一戸建て住宅は22年が目安の数字です。
ただし、みなさんはこの数字が建物の寿命だとお考えではないですか。

実際のところ耐用年数は、税務上減価償却処理のために基準として設けられた数字であるため、建物の寿命には直結しません。
平均的な建物の寿命は、鉄筋コンクリート構造のマンションが60年、木造一戸建て住宅が53年と考えられています。
したがって、耐用年数が寿命に直結しないということをよく念頭に置いておきましょう。

□住宅の寿命を長くする3つのコツとは

住宅にも人間と同様に寿命がありますが、きちんとメンテナンスを行えば長く綺麗な住宅を保てます。
ここでは、住宅の寿命を長くする3つのコツをご紹介します。

1つ目のコツは、日々の掃除を欠かさないことです。
家の中だけでなく外の掃除も心がけることが重要でしょう。
日々の掃除を心がけていると、早期に住宅の異常に気が付き、修繕工事のコストを抑えられます。
また、外装と水回りの異常は住宅の基本構造に影響を及ぼす可能性が高いので特に注意しておきましょう。

2つ目のコツは、点検を定期的に実施することです。
定期的に点検を行うと、住宅の異常をいち早く確認でき、修繕コストを最小限に抑えられます。
普段は目が行き届かない窓サッシや雨どいなども定期的に点検し、異常がある場合はすぐにメンテナンスができると良いですね。

3つ目のコツは、災害から住宅を守るために保険に加入しておくことです。
近年は地震や台風、大雨など思わぬ大規模災害がいつどこで起きてもおかしくない状況ですよね。
もしもの際に被害にあっても手厚いサポートがある保険に加入しておくと、十分な修繕費用を手に入れられるでしょう。

□まとめ

今回は、一戸建ての寿命と寿命を長くするコツについてご紹介しました。
住宅は日々メンテナンスを心がけることで、綺麗な状態で長く住むことが可能です。
ぜひ今回ご紹介した内容をご参考に、一戸建て住宅の購入を検討してみてはいかがでしょうか。
≪ 前へ|一戸建ての購入をご検討中の方へ!道路沿いの一戸建ての購入について解説します   記事一覧   土地を購入したい方へ地鎮祭について解説します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る