ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建ての購入を検討中の方へ!ランニングコストについて解説します

一戸建ての購入を検討中の方へ!ランニングコストについて解説します

≪ 前へ|一戸建てをお考えの方へ!平屋と二階建ての違いと選び方について解説!   記事一覧   一戸建てを購入したい方へ!ローン審査の流れや期間について解説します!|次へ ≫

一戸建ての購入を検討中の方へ!ランニングコストについて解説します

一戸建ての購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
家を購入する場合、多くの方は初期費用のみを気にしてランニングコストについて考えていません。
将来的に、その家で長く暮らしていきたいならランニングコストにも配慮する必要があります。
今回は、一戸建てのランニングコストの内訳と抑えるコツについて解説します。

□一戸建てのランニングコストの内訳とは?

一戸建てのランニングコストは大きく3つに分かれます。
以下に、それぞれの詳細と具体的な金額を紹介しましょう。

*税金

住宅にかかる税金として、固定資産税と都市計画税が挙げられます。
固定資産税は、所有している不動産に課せられる税金で、毎年1回または4分割して支払います。
具体的な金額は、「固定資産税評価額×1.4%」で求められます。

一方、都市計画税は、都市計画法による市街化区域内にある不動産を所有している場合に課税されます。
そのため、特定区域外にある不動産は課税対象にはなりません。
支払い方法は固定資産税と同じです。
具体的な金額は、「固定資産税評価額×0.3%」で算出されます。

*修繕費用

一戸建ての修繕費用は、何年間住み続けるかにもよりますが、600〜800万程度と言われています。
最初の10年間は、特にリフォーム等する必要はありません。
しかし、それ以降は、外壁塗装や屋根塗装、水回りの修繕など住宅のあらゆる設備を直す必要が出てきます。

*保険

住宅が自然災害の被害を受けた場合に備えて、地震保険や火災保険に加入する必要があります。
保険料は、大体5年間で15〜20万円が相場です。
そのほか、団体信用生命保険というものもあります。

□ランニングコストを抑えるには?

上記で見てきたランニングコストで、税金や保険はなかなか節約しにくい部分ですよね。
そのため、修繕費用がかかりにくい家を選ぶようにするとランニングコストを抑えられます。

例えば、シンプルな建物の形状を選ぶことが挙げられます。
シンプルな形状の住宅の典型として総2階建て住宅はおすすめです。
このようなシンプルな住宅は、住宅内に凹凸部分が少ないです。
そのため、壁や柱の数が少なくなり、メンテナンスする必要がある面積も小さくなります。
将来、壁のリフォームやフローリングの張り替えをする場合に、メンテナンスする面積が小さいことでランニングコストを抑えられるでしょう。

□まとめ

一戸建てのランニングコストの内訳と抑えるコツについて解説しました。
ランニングコストは、初期費用とは異なり何十年もかかる費用です。
そのため、今回の記事を参考に、少しでも抑えられるところは抑えるようにしましょう。
当社は、不動産関係のご相談を随時受付中ですので、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|一戸建てをお考えの方へ!平屋と二階建ての違いと選び方について解説!   記事一覧   一戸建てを購入したい方へ!ローン審査の流れや期間について解説します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る