ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅を購入したい方へ!お祓いをするタイミングと方法について解説します!

中古住宅を購入したい方へ!お祓いをするタイミングと方法について解説します!

≪ 前へ|中古住宅を購入したい方に向けて!よくある不安と解消するためのポイントを紹介します!   記事一覧   土地を購入したい方へ!売買契約の内容と注意点について解説します!|次へ ≫

中古住宅を購入したい方へ!お祓いをするタイミングと方法について解説します!

「中古住宅に住む際にお祓いをした方が良いのか」
「いつお祓いを依頼すれば良いのか」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
かつて知らない人が住んでいた家に自分が住むことに多少の抵抗はありますよね。
そのような場合、お祓いをおすすめします。
今回は、お祓いをする理由とタイミングについて解説します。

□お祓いをする理由とは?

お祓いは、そこにある古い気を祓うだけでなく、家族の健康や家運を祈ります。
それでは、なぜ中古住宅でお祓いをするのでしょうか。

一般的に、新築一戸建てを建築する際には、地鎮祭や上棟式などの儀式が執り行われます。
しかし、中古住宅の場合、その事実があやふやなケースがあります。
その場合に、お祓いをして安心しようと考える方が多いです。

また、事故物件のようないわくつきの物件でなくても、他人が住んでいたという事実に違和感を感じたり、気配を感じる方もいます。
そのような気配が残っていると、居心地が悪いですよね。
これらの気配を祓い、気持ちよく暮らすためにもお祓いをします。

そのほか、日本では古来から万物には八百万の神が宿るという考え方があります。
そのため、家にも神様がいるという発想があります。
そのような意味で、新しく暮らす家の神様に挨拶をするという目的でお祓いを行う方もいらっしゃいます。

□お祓いのタイミングや方法を紹介

*タイミング

お祓いのタイミングは、入居前に行うのが理想です。
ただし、入居後に気配を感じたり違和感を感じたりしてからお祓いを依頼しても問題はありません。

*方法

お祓いを依頼する場合、神社に出向いて家祓いの相談をします。
その後、神主によってお祓いが行われます。
その際、お供え物や初穂料を用意しておきましょう。
お供え物は、日本酒1升、塩0.5合、お頭付きの魚、野菜、米1合、果物、乾物が一般的です。

また、神社に依頼するのではなく、自分でお祓いをする方法もあります。
その場合、粗塩を用意して家の奥から玄関に向かって盛り塩をしていきます。
そうすることで、家の中から邪気を祓います。
この盛り塩は、定期的な交換が必要です。

□まとめ

以上、お祓いをする理由とタイミング、方法について解説しました。
少しでも安心して暮らしたい方にはお祓いはおすすめです。
今回の記事を参考に、お祓いに関する知識を持っておきましょう。
当社では、土地や住宅の購入を検討されている方の相談を受付中です。
お気軽にご相談ください。

≪ 前へ|中古住宅を購入したい方に向けて!よくある不安と解消するためのポイントを紹介します!   記事一覧   土地を購入したい方へ!売買契約の内容と注意点について解説します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る