ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 中古住宅を購入したい方に向けて!よくある不安と解消するためのポイントを紹介します!

中古住宅を購入したい方に向けて!よくある不安と解消するためのポイントを紹介します!

≪ 前へ|一戸建てを購入したい方に向けて!物件見学時に確認したいチェックリストを紹介!   記事一覧   中古住宅を購入したい方へ!お祓いをするタイミングと方法について解説します!|次へ ≫

中古住宅を購入したい方に向けて!よくある不安と解消するためのポイントを紹介します!

中古住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
中古住宅を買うにあたって、何らかの不安をお持ちの方は少なくありません。
そのような不安を解消してからでないとなかなか購入に踏み切れませんよね。
そこで今回は、中古住宅に関するよくある不安と不安を解消するために確認すべきポイントについて解説します。

□中古住宅に関するよくある不安を紹介

1つ目の不安は、住宅の構造に関する不安です。
住宅の構造上に問題はないか、「新耐震基準」を満たしているかなどを気にされる方は多いです。
新耐震基準は1981年に施行されたものであるため、それ以前に建てられた住宅を購入する場合は注意が必要です。

2つ目の不安は、設備に関する不安です。
中古住宅に備え付けられているキッチンやユニットバス、トイレなどの設備が購入後すぐに壊れてしまう可能性があります。
住宅の築年数を踏まえて、耐用年数が迫っている設備は交換の準備をした方が良いかもしれません。

3つ目の不安は、価格に関する不安です。
中古物件には、決まった価格がありません。
そのため、販売価格が適正かどうかは、不動産会社の意見を参考にしながらご自身でも調べてみることをおすすめします。

□不安を解消するためのポイントとは?

次に、中古住宅の不安を解消するために確認しておきたいポイントを紹介します。

*住宅の状態を正確に把握

上記にあるように、構造や設備に関する不安をお持ちの方は多いです。
これらの不安を解消するには、インスペクションを行うことが有効です。
インスペクションを行うことで、住宅の基礎や外壁などの部位ごとの劣化、不具合の有無を確認できます。

*保証の範囲を確認

インスペクションの結果によっては、住んでみて初めてわかる瑕疵が見つかるかもしれません。
その場合でも、重要インフラの保証や設備保証などの保証に入っておけば安心です。
どのような保証がどのくらいの期間あるのか確認しましょう。

*リフォームは適当な範囲で行う

中古住宅は現状によって、そのまま入居またはリフォームできます。
リフォームをする場合、追加の費用と時間がかかります。
自分好みの間取りや設備を新しくできることは魅力ですが、適当な範囲で計画することが大切です。

□まとめ

以上、中古住宅のよくある不安と不安を解消するために確認しておきたいポイントについて解説しました。
今回の記事を参考に、中古住宅に関する不安を解消しましょう。
当社では、中古住宅を含めた不動産に関するご相談を随時受付中です。
不動産の購入を検討されている方はぜひご連絡ください。

≪ 前へ|一戸建てを購入したい方に向けて!物件見学時に確認したいチェックリストを紹介!   記事一覧   中古住宅を購入したい方へ!お祓いをするタイミングと方法について解説します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る