ERA不動産ショップ パンセ不動産 > LIXIL不動産ショップ パンセのスタッフブログ記事一覧 > 土地の購入をお考えの方へ!道路に関する知識と私道負担について解説します

土地の購入をお考えの方へ!道路に関する知識と私道負担について解説します

≪ 前へ|中古住宅を購入したい方へ!中古住宅のメリットと注意点を紹介   記事一覧   一戸建て購入を検討中の方へ!メリットやコストを賃貸と比較しましょう!|次へ ≫

土地の購入をお考えの方へ!道路に関する知識と私道負担について解説します

土地の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
土地購入にあたって、土地周辺に関する知識を持っておく必要があります。
その例として、道路が挙げられます。
道路は私たちの生活に身近なものですが、法律によってしっかりと定義付けられています。
そこで今回は、道路に関する知識と私道負担について解説します。

□道路の定義とは?

私たちが普段利用している道路は、建築基準法によって定義がされています。
以下に、建築基準法で定められた道路について解説します。

法律上、道路とは幅4m以上とされ、特定行政庁が定める区域内では6m以上となります 。
また、道路にも様々な種類があります。
例えば、道路法に基づいたものとして一般国道や県道や府道などの公道が挙げられます。
都市計画法などに基づいたものとして、開発道路が挙げられます。
そのほかにも、位置指定道路やみなし道路なども道路の一種です。

さらに、土地に関する道路の決まり事として「接道義務」があります。
接道義務とは、土地に建物を建てる場合、建築基準法に定められた道路に2m以上接する必要があるという義務です。
この義務を満たさなければ、土地の上に住宅を建てられません。

□私道負担とは?

道路に関する用語として、「私道負担」という言葉が存在します。
私道負担とは、上記で紹介した接道義務に関連する言葉です。
以下に、詳しく紹介しましょう。

私道負担とは、土地内に私道部分が含まれることを指します。
私道負担は、セットバックをしないと接道義務を満たせない土地に見られます。
セットバックとは、道路と土地の境界線を道路の中心線から2mの位置まで後退させることで、接道義務を満たすことです。
つまり、セットバックによって土地の一部が私道となります。
セットバックした私道には、何も建てられないため注意してください。

また、私道には固定資産税がかかりますが、 各自治体に申請し「公衆用道路」として認められれば課税を回避できます。
公衆用道路とは、一般人が交通するために利用している道路を指します。

このように、私道負担がある土地は複雑ですので、物件の情報にしっかりと目を通しておきましょう。

□まとめ

以上、 道路に関する知識と私道負担について解説しました。
接道義務は、購入した土地に住宅を建てる予定の方はしっかりと把握しておきましょう。
今回の記事を参考に、土地購入をスムーズに進めてください。
当社は、土地や住宅を購入したい方のご相談を随時受け付けております。
気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|中古住宅を購入したい方へ!中古住宅のメリットと注意点を紹介   記事一覧   一戸建て購入を検討中の方へ!メリットやコストを賃貸と比較しましょう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 専門家ブログ
  • 売却査定
  • 学区検索
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
  • 建物検索済み
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    LIXIL不動産ショップ パンセ
    • 〒918-8004
    • 福井県福井市西木田4丁目5-23
    • TEL/0776-33-7330
    • FAX/0776-33-6251
    • 福井県知事 (1) 第1660号
      建設業許可 第9389号
      二級建築士事務所登録 第ろ-1331号
  • モバイル
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る